潜伏してしまった

ご無沙汰しております。
5月は全然更新できませんでした。
こんなに書かなかったのは初めて以来かも。

言い訳。

1.
ジスモンチさんのインタビュー、現代ギターの連載、他、
かなりな字数の原稿を書かなければいけないのに、
こちらを更新すると、
心の中で原稿書かないと、っていう焦燥感でいっぱいになるのが
せつなかった。

2.
レコーディング前なので
ものすごい量の編曲をするために
たいへんな量のスコアを読んだり音楽を聴いたり
映画を見たりしていた。

3.
怠惰だった。


このうち1はほぼクリア。
校正の段階です。
わははは。


3は、
土曜日の「よこはまギターフェスティバル」のリハーサルが先日あって、
そこで若手ギタリストの皆さんの熱気と活気に刺激を受けて
ちょっとやる気になってきました。
人頼みすぎますが・・・


2も、ようやく色々整理がついてきて、
編曲も度重なる修正の末、
練習するだけの段階に入ってきました。
いや~めでたしめでたし。


今回は武満さんの映画の音楽やテレビ・ドラマの音楽を
ギター・ソロとデュオにアレンジしていたのですが、
その過程で、武満さんの音楽の全体にあらためて触れ、
また、スコアの数々も読み込んで
勉強にもなりました。


意外な嬉しい出来事というか、
武満さんの、今回僕が選んだ映画音楽に関しては、
弦楽器のセクションの音の重ね方や、
ハープ、チェレスタの分散和音が
とてもギターにアダプトしやすかったのです。


というわけで今回のアレンジは、
スコアをかなり精密にギターに編曲し、
ギターのスコアとしても、
あまり独創的になりすぎないよう、
標準的な語法を目指すことができたのではないかと
録音を楽しみにしています。






























この記事へのコメント

shiroko
2016年06月13日 18:02
本当に久々の更新
ありがとうございます!

待っていました

この記事へのトラックバック