もう22年めに突入〜5/4は国際フォーラム⑥

何を隠そう、 隠してませんけど、 バンドネオンの北村聡さんとの初仕事は 2000年12月22日、 大阪いずみホールのクリスマスコンサートでした🎄 当時彼はまだ20歳すぎ、 ほんとに仕事を始めたての、 最初かその次か、くらいだったのだそうですが、 当時から堂々としていてアンサンブルもお見事、 そのあとはあれよあれよと…
コメント:0

続きを読むread more

聴きどころを一言解説

丸の内ミュージックフェスの “シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴” https://t.pia.jp/pia/events/marunouchi-musicfes/ 最初のパートは ○ヨーロッパ映画の旅 J.ウィリアムズ:ヘドウィグのテーマ(『ハリー・ポッターと賢者の石』から)
 有名な旋律をギターからバンドネオ…
コメント:0

続きを読むread more

初対面で山登り〜5/4は国際フォーラム⑤

コントラバスの田辺和弘くんと出会ったのは 多分97年とか98年くらいの あるタンゴのコンサート。 神社の境内で行われるそのコンサート、 野外で演奏ということは知っていたのですが 当日行ってみると なんとその境内は小さな山の天辺にあるらしい.... ところがその境内までは徒歩でいかねばならない、 とのことで、 車…
コメント:0

続きを読むread more

水谷川優子さんのリハーサル

今日は29日に鎌倉の佐助サロンで行われる 水谷川優子さんとのデュオのリハーサルでした。 優子さんは留学時代の先輩ですが 年々エネルギッシュにさえなられていくような いつまでも若々しいとかって次元じゃありません。 会う人すべてを元気にしてしまいます。 今日になって 細かなプログラムが決定 コレッリ:ラフォリア …
コメント:0

続きを読むread more

アディオス・ノニーノのイントロダクション〜5/4は国際フォーラム④

アストル・ピアソラの代表作の一つ 「アディオス・ノニーノ」は ピアソラ自身によるものでも いくつものバージョンがあります。 そしてその見せ場の一つになっているのが 全体の演奏の冒頭にピアノ奏者が独奏で奏でる イントロダクションです。 例えばこちらは ピアソラ五重奏団の最後のピアニスト パブロ・シーグレルさんによ…
コメント:0

続きを読むread more

一週間でブーレーズ!!〜5/4は国際フォーラム③

丸の内ミュージック・フェスのコンサートは 3つのパートから成っていて ヨーロッパ映画の旅 トリビュートtoアストル・ピアソラ 饗宴 なのですが、 ピアソラ・トリビュートのステージは 昨年10月24日に芸大の奏楽堂で行われた イベントの際に編成された五重奏団によるものになります。 この五重奏団をプロデュースし…
コメント:0

続きを読むread more

ブランドン・ロスさんストム(武石務)さんがドラマーについて熱く語る〜5/4は国際フォーラム②

2006年〜2007年くらいっていう話ですから なんともう15年前ですが。。。 今みたいにジャズやタンゴの皆さんと ライヴ・スペースでの活動をしていなくて、 まだ、うっすらとそういう世界のミュージシャンの皆さんと 一緒にやりたいなぁ・・・という願望だけあった頃の話です。 鬼怒さんとThe DUOやるずっと前の話。…
コメント:0

続きを読むread more

その日はいないメンバーも参加するリハーサル〜5/4は国際フォーラム①

先日のタンゴのリハ動画で 僕が弾いていたギターは 鬼怒無月さんや馬場孝喜さんもご愛用の アーチトップ・トリビュートというメーカーのもの。 国産ですが一本一本が丁寧な仕様で手作りされていて、 とても弾きやすく音の綺麗なギターです。 練習もとてもはかどります。 今度の丸の内ミュージックフェスでは ‘シネマ・ミュージッ…
コメント:0

続きを読むread more

5月のコンサート予定 (5/1更新)

4日 丸の内ミュージックフェス 15時〜  シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴 シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴 記憶に残るヨーロピアン・シネマ・ミュージックの華やかな旋律を魅惑のサウンドでお届けするコンサート。後半は、アルゼンチンタンゴに革命を起こし、映画音楽との縁も深く、今年没後30年を迎えたアストル・ピアソラの珠玉作…
コメント:0

続きを読むread more

進行中プロジェクト

今抱えている宿題の確認 ①現代ギター社さんから 2021年度の連載をまとめたもの+αの曲集がでます 今回は解説などもしっかりしようと思っているので 譜面の校正と原稿書き ②現代ギター社さんから それとは別にとってもお得な楽譜が出ますが それに付録されるレコーディングの譜面作りと練習 ③5月4日の丸の内ミュージ…
コメント:0

続きを読むread more

藤木くんのバッハ

大地くんからお話しいただいたのは 去年の12月くらいだったかな? そもそも オーボエの吉井瑞穂さんの公演のために、 瑞穂さん、大地くんと3人で演奏できるように バッハの宗教曲のアリアを2曲編曲してやったことがあったのですが、 それを大地くんが覚えていて、 東京 春 音楽祭の名物企画、 『東博でバッハ』 の大地くんの…
コメント:0

続きを読むread more

痺れた3月

3月は本当に痺れる月でした。 自分がたいへんだった、という意味ではなく、 たくさんの共演の皆さんから受け取る エネルギー、刺激、真摯さ、 すべてのことに痺れっぱなしでした。 レオさんのギター 辻彩奈さんのヴァイオリン、 天羽さんの歌声、 会田桃子さんのヴァイオリン、 坂井紅介さんのベース マレー飛鳥さんのヴァ…
コメント:0

続きを読むread more

4~5月のコンサートお知らせ

4月 2日 雑司ヶ谷 エル・チョクロ The DUO (配信あり) 9日 茨城県石岡市 ギター文化館 プログラム *J.ブラームス〜J.ウィリアムス編   : 主題と変奏 Op.18 *G.フォーレ〜佐藤弘和編 : 組曲〈ドリーOp.56〉より(ドリーの庭、子守唄) *I.ア…
コメント:0

続きを読むread more

3月のコンサート

3月はコンサート&ライヴ目白押し 4日 レオナルド・ブラーボ&鈴木大介 ギター・デュオ・リサイタル 6日 魅惑のパガニーニ 16日 成城学園 Cafe Beulmans 会田 桃子 (vl) 坂井紅介 (b) 鈴木大介 (gt) 21日 マレー飛鳥 (vl) 鈴木大介 Aska …
コメント:0

続きを読むread more

ギタリストとしてのパガニーニ

3月6日のパガニーニ公演のための準備として、 今まで曖昧だった部分もしっかり勉強しようと思いまして、 前後のヨーロッパ史やパガニーニの生涯とその頃の音楽史など、 なるべくたくさんの情報に触れるようにしているのですが、 やはり謎に満ちた生涯な部分も多い人物で、 多様な描写や物語があることに気づき始めましたので、 自分なりに…
コメント:0

続きを読むread more

1月と2月のコンサート

21日 豊田市コンサートホール ギタリストの饗宴 2022年01月21日(金) 開演 18:45 開場 18:00 クラシックギター界のトップスターが集結!! <出演者>
福田進一、鈴木大介、大萩康司、村治奏一 入場料 1階席/4,000円(25歳以下2,000円) バルコニー席/3,000円(25歳以下1,500円)…
コメント:0

続きを読むread more

僕とイェスタデイ

アルバム『ギターは謳う』 のサブスクリプション配信が始まり、 たくさんの方に聴いていただけているのが とても嬉しいのですが、 中でも あっという間に聴取回数一位になってしまったのが 「イェスタデイ」 これは、Spotifyで クラシック音楽のプレイリストに 選んでいただいたことも 大きく影響しているのですが、 …
コメント:0

続きを読むread more

配信とプレイリスト

9月22日に発売になりました アルバム『ギターは謳う』 が各種音楽配信で配信スタートしました。] Spotifyは https://open.spotify.com/album/0iZo6aRimFUqsrWP0mRMdj?si=aYTzt3nTSjSIlaeATwkJCw iTunesは https://m…
コメント:0

続きを読むread more

11月から12月にかけてのコンサート

11月25日 静岡AOIホール 福田進一&鈴木大介 デュオ・コンサート プログラム 【鈴木大介ソロ】 武満徹(鈴木大介編) :波の盆〜今朝の秋〜燃える秋 アイルランド民謡〜武満徹 編:ロンドンデリーの歌 アンヘル・カブラル〜ローラン・ディアンス編:群衆 【福田&鈴木デュオ】 ブラームス:主題と変奏(弦楽六重奏曲 Op…
コメント:0

続きを読むread more

10月のコンサート

10日 紀尾井ホール スペシャルオリンピックス日本・東京支援 チャリティ・ガラ・コンサート 太陽の東×西の月2021 緊急事態宣言解除により、当日券があります。 12日 雑司ヶ谷エル・チョクロ The DUO  配信があります。 YouTube https://youtu.be/l1QX0QRo6Ls 投…
コメント:0

続きを読むread more