鍵事件、未遂に終わる

僕がフォーマルなときや
少しおしゃれしたい時に着るコートがあるんですが、
生地が特殊で、
すごく滑るんです。

なので、
ポケットに入れたものが、
たたんでおいた時に滑り出すことがあるんですね。
いつも注意しています。

昨日、宴からの帰り、
(ちなみに二次会の抽選会で、
「宮崎地鶏セット」が当りました。)
玄関の前でポケットを探ると、
家の鍵が・・・・
ない。

この鍵、
ご記憶の方も少ないと思われますが、
2006年の11月16日に起きた鍵事件で付け替えた、
かなり防犯体勢の高い鍵なんです。

その時も不慮の出費に
悲しみもひとしおだったのですが、
まさか・・・まさかもう一度・・・・。

何件か心当たりに電話した後、
「鍵の110番」に電話。

「あのう・・・鍵をなくしてしまって・・・
家の前に立ち往生しているんですが・・・」
「そうですか、
今の時間ですと、40分後くらいの到着になります」
「あ・・・そうですか・・・。」
「どんな鍵ですか?」
「えっと、あの..防犯性の高い・・・」
「ああああ・・・・
そのタイプですと、少し料金がかさんでしまうのですが・・・」
「と、言いますとどれくらいでしょうか・・・」
「だいたい付け替えるだけで、2万9千・・・・」
「・・・・・・。。。。」
「ただですね、あの、内側にカバーつけましたか?」
「はい、つけた方が良いと言われましたので・・・」
「あああああ・・・・・・
それですと、もう鍵自体を切断して開けるしかないので、
5万・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・。」
「ただ、もうこの時間ですから、
切断に電動機器を使いますので、
ご近所の方はお目覚めになるかと・・・・」
「えっと・・・あの・・・もう一回電話します・・・。」

なんで!? なんで!?
自分ちに入るのに、泥棒じゃないんですよ?
しかも、内側のカバーだって、
よく考えたらサービスでそっちがつけてくれたんじゃなかったっけ!?

もう、そんなお金払えないな~
と思案にくれたら、
そうだ、管理人さんに一本預けてあった、
ということを思い出し、
とりあえず今日はホテルに泊まればいいか~
と、携帯でホテル予約。

部屋について、
財布を開けたら、
財布の隅から、
万が一の時にスペア用に入れといた鍵発見・・・・。

ま、いいかぁ。
ホテルのベッドの方が寝心地いいもんなぁ・・・

で、
ぐっすり眠って
帰ってかばんの小さなポケットから
鍵は出て来ました。

・・・・・・。
用心してコートから
鞄に移し替えたらしい。
しかし、その記憶が・・・・
まったくない!!!

ホテル代、無駄遣いしてすみませんでした。
ていうか、それだけで済んだと喜ぶべきか・・・・・


この記事へのコメント

ちびマルコ
2009年03月16日 01:16
もうこうなったら、指紋認証ロックシステムにするしかないですね! でも待てよ・・・やっぱりここはギタリストらしく、暗証ワンフレーズロックシステム・・・ってはどうでしょう? でもいつもギター取り出してドアの前で弾くというのも・・・特定のギターじゃないとダメってのも困るし・・・考えてたら寝むれなくなりました(苦笑)
oyoyo
2009年03月16日 01:26
大変お疲れ様でした!
二次会の素敵な酔いも一気に覚めて、青ざめていらしたんでしょうね!(お気の毒に!)
ほんとに、あるべきものがないってすごく不安になりますものね。
でも、見つかって本当に良かった、良かった!
siroko
2009年03月16日 10:52
良かったですねえ!
私までホッとしました。
sn
2009年03月16日 12:26
大変でしたね。
ハプ
2009年03月16日 14:46
お疲れさまでした。

・・・

でも、金で解決できる問題でよかったやないですか~

でもでも、相当、楽しい2次会だったことは間違いないですね
(私も、酔って調子乗ってやらかして、ことの顛末が原点に戻ること、よくありますw)
ふくしん師匠
2009年03月17日 00:11
わはははは!
地鶏なんか当てるからジャ~


さば?
2009年03月18日 13:51
大介さんもお嫁さんいたほうがいいんじゃないですか?危ないなあ・・・・。狙われちゃいますよ。何度もやってると。
りこ
2009年03月19日 12:32
鍵は怖いですからね~。でも、ホテル代だけですんで本当によかったですね。運が良いと思ったほうがよいですね。
mimimi
2009年03月27日 20:52
この広いほしぞらの下で、家の前で鍵の紛失に震える仲間(失礼でしたらごめんなさい・・・)がいてくれると思うだけで心があったまります。みつかってほ~んとによかったですね。もう、鍵も携帯みたいに電話かけたら鳴ってくれる機能がついてほしいんですが・・・。しかし、もっと高くついてしまうかもしれませんが・・・。

この記事へのトラックバック