脱走魔

今日、突然思い出してしまいました。

高校の頃の話。
きっと、最近、コメント欄で同窓ネタが続いたせいですね。。。

高校生の頃。
僕の学校は、「大平凡主義」というのを唱えていて、

(Wikipediaを参照すると、
大平凡主義
校訓・校是は大平凡主義。初代校長・滝沢又市が、当時の修身の授業で「平凡主義で世の中を渡るよう」教えたことによる。その意味するところは、
中道を重んじ極端突出した行動をしない
当たり前のことを当たり前にできることを目指す
など、一定しない。
だそうです。。。いかがなものか。。。)

とにもかくにも、無駄な全体行動が多い。。。
無駄、って言ってしまうと、実はそうではなくて、
共有する時間が増えるということでは、
高校時代の思い出作りに、それらは一役かっていたのですが
とにかく、学校をあげての全体行事が多いんです。

無論、と言ってしまえばそれまでですが、
僕はそう言うのが最大の苦手、で
学校行事の度に、
近所にあったオカザワボウル、というボウリング場や、
横浜駅界隈の商店街に逃げ出してたんです。

ある日、
生徒会、って言うのがあるんだけど、
そういうのは、ものすごい退屈で、
一部の、学校運営とか、学生生活、とかについて、
ものすごい真剣に考える生徒に、僕は含まれない気がしたので、
生徒会側の、外に出られないように
下駄箱周辺にバリケードをつくる作業、の前に、
周到に用意をし、上履きを、休み時間に外履きとすり替え、
いざ、集会スタートと共に、大脱走!!

結末は・・・・

翌日、僕だけ職員室に呼び出されました。
だいたい、そういう時に脱走するのは
僕が主犯に違いない、という、
生徒指導の先生方の情報戦略の網に
まんまとひっかかりましたです。

いい経験だった・・・・

ちなみに、
脱走、という、不器用な手段を選ばずに、
生徒会に出席していた友達は、
生徒会の間中、
体育館にならべた椅子をさらに並べ替えて
「フルーツ・バスケット」に興じていました。。。
今だったら、僕は、
絶対、そっち派、です、ね(爆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

b
2008年11月26日 00:17
なんだか、ちょっと村上龍さんの青春時代を描いた小説のようですね。

私もほとんど学校行事に参加しませんでしたが、残念ながらそういう伝説はありません・・・・

ちょっと羨ましいです。
siroko
2008年11月26日 11:39
私は学校行事が大好きで全部参加、高校三年間は無遅刻無欠席で皆勤賞。
良い子で通した面白みの無い人間です。
伝説をお持ちの大介さんが羨ましいですね。
にしざわ
2008年11月26日 12:33
「大平凡主義」- 懐かしいですね。結局意味が分からないまま卒業してしまったかも。

生徒会はそもそもそういう行事があったのを思い出せないので、きっと私も脱走組だったのでしょう。全体行事は多かったけど、文化祭的なのが年に2回(文化祭と芸術祭)あったのは、バンドをやっていた私たちにとっては好都合でした。ギター同好会の発表の場も多かったわけで。
N
2008年11月26日 22:59
平凡も貫徹できたらそれは非凡である。
前の校長さんがそんなことをおっしゃっていましたが、つくづくその通りだと思います、平凡以下の私は。

しかし、行事ありすぎでしたね。いまでは超マジメ校になったようです。
sn
2008年11月28日 21:34
上履きと外履きをすりかえなかったら、学校にいるということで、上履きのままで家に帰っても、
ばれなかったんではないですか?
りこ
2008年11月29日 12:03
面白いですね。私も高校時代は同じような感じで、人と同じことをすることに抵抗を感じるたちでした。そのくせ「生徒会」などに入り、一見まじめに活動してましたが、卒業式のときの事前の集合時に、教室の窓から脱走しようとしてみごとに見つかった経験があります。普段は行事に参加しない私の友達はギター部だったので、学園祭だけはしっかりまじめ(笑)に参加してました。脱走はこのときだけではないのですが、私は上履きのまま出てましたよ。

この記事へのトラックバック