原爆の日

毎年、8月6日に思い出すこと。

それは、確か2003年の今日、
広島でアランフェスを弾いた時のこと。

前日の夜、
ドームの前にたくさんの人々が集って、
歌を歌ったり、平和を訴えていたりしてました。

もちろん、それらの人々の大部分は、
戦争を知らない人たち。

僕の友人が、
ドームの前に流れる川の土手に、
特設された舞台で、朗読の伴奏をしていて、
それを見に行ったのでした。

そしてら、夜、10時くらいだったか、
僕の前に、長い髪の色白の、
老いた女性が現れて、
折りたたみの椅子を広げて、
ドームのほうに向かって木陰に腰を下ろしました。

彼女の見ていた方向には、
ドームとそれを照らし出すライトの明かりがあったけれども、
彼女の瞳の中をうかがい覗くと、
たくさんの、無数の光の玉が映し出されていると思えるくらい、
漆黒の瞳の奥にすごく深い奥行きがあったのが
強烈な印象を残しました。

彼女が見送ってきたたくさんの命が、
まるで彼女の瞳の中にうごめいていて、
それらの光とともに、彼女は、
前夜のドームを目に焼き付けている、
もしかしたらそれは、光たちにとっての、
最後の幸福の記憶だったのかもしれないから。

彼女の瞳の中の光が、
いつか彼女の命が尽きて、
解き放たれたとき、
僕たちが、僕たちの瞳の中に
その光の記憶を宿せるように。

そんな願いを、
今日は必ず想い起こすことにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月07日 08:50
そうやって繋がっていくのですね・・・。
たとえ消え入りそうなものであっても、
そういう体験は、日常ふとしたところに、
あるものです。
ゆっこりーに♪
2007年08月08日 11:49
昨日仕事帰りにドームの前を通ったら、上空に虹がかかっていました。慰められた霊たちが天国へ帰っていったのかなと思いました。

この記事へのトラックバック