ありがとう

ほんと、「赤煉瓦コンサート」の告知ミスは
申し訳ありませんでした。
今後、心して対処いたします。

NEWS23と、「赤煉瓦コンサート」で、
二人の高校時代の友人と会うことが出来ました。
とても懐かしかったです。

その二人というのは、
一人は、僕が高校3年のときやっていたバンドで
ドラムをたたいてくれてたNくん。
彼は、もともと、校内でスターだった
T-スクエアのコピーバンドのドラムで、
あまりの素晴らしさに僕たちがスカウトしたんです。

その前の年、
僕たちは「The Gadd Gang」っていうバンドの
コピーバンドを立ち上げたんだけど、
本家が、ニューヨークの、ほんっとに一流の
スタジオ・ミュージシャンによるバンドで、
楽譜なんてもちろんないし、
演奏だって難しいから、
もう、校内の「精鋭」って言ったら聞こえはいいんだけど、
まあ、ようするに物好き集団で立ち上げたコピーバンドなわけで、
最初集まったときは、
「なんで俺たち高校生なのに、こんなに素敵な音楽が一発で出来るんだ!」
って感激してたんですが。
やがてそれぞれがそれぞれに勝手に好きなこと言い出して、
そのバンドは空中分解みたいになって、
それで、その次の年に
もうちょっと突っ込んだバップみたいなことをやろうって言うことになって。
で、協力してくれたのがNくん。
またセッションしたいな。

そして、
TBSで声をかけてくれた「かっきー」さんことKくんは、
その当時、ばりばりのフュージョンみたいなのを
コピーする時に、彼は放送部で、
居残りで放送室で夜遅くまでシーケンサーの
プログラミングをしていた・・・
(たしか教授の「戦メリ」もやってた??)
すっごい尊敬しました。
その時に、お互いゴンチチ・ファンだっていうことが発覚して、
彼に借りたゴンチチのCD、まだ返してないかも。
ごめん。。かっきー。。。

でも、こうして考えると、
ほら、前にブログに書いた中学の同級生のカルタ君もそうですけど、
僕はいろんな場面で、同級生に恵まれて、
みんなが僕に、インスピレイションを与えてくれて、
実際、彼らはその当時、
僕なんかよりプロはだしのことを、していたわけで、
すごくそう言うのが、今、
自分の栄養になってるな~って思います。

・・・・てか、異常な学校だったよね。
横浜翠嵐高校(今は普通なことを切に願ってやみません)。
この(僕がいる)業界で、友達に会いすぎ。
みんな、気質じゃないんだね。心強いよ・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

N
2006年11月01日 14:53
初カキコです。
ちょうど今頃の芸術祭でしたか・・・Nut Gangというネーミングも面白かったが、なんとも心地いいバンドでした。みんな模試で忙しい時期、スタジオ入りもそこそこに音楽室で軽く合わせただけで「なんとかなんべー」というノリで(笑)本番に臨んだ記憶があります。今でも秋になると、Recado Bossa NovaとかMr. PCのメロディーをふと思い出します。

最近はドラムの代わりにもっぱらキーボード(PCの)を叩き続ける日々ですが・・・同窓ジャムってのも面白いかもしれませんね。ほかのメンバーはどうしているのだろう?

> 横浜翠嵐高校(今は普通なことを切に願ってやみません)。

今ではちゃんと「進路指導」しているらしいです。すごい進歩だ・・・
でも、世界史の「必修逃れ」がなかった分まともかもしれませんね。
この間、「夜回り先生」が先輩だったことを知ってちょっと驚きました。
2006年11月03日 12:36
そうそう、「夜回り先生」って先輩なんだよね。
わりとチャレンジングな卒業生が多いのかもしれない・・・
進学案内の理想とする校風は「大平凡主義」なはずなんだけど。。

この記事へのトラックバック