テーマ:楽器(ギター)の話

大忙しの頼みの綱

ギター文化館のリサイタルが楽しく終了いたしました。 ご来場くださった皆さん、ほんとうにありがとうございました。 今週は焼津でのキネマ楽園コンサート、尾花さんとのギンガ・イベント、 と、色々弾きました。焼津と今日は重複があったものの、 トータルで150分ぶんくらい曲があり、 実はその合間合間に来週の公演のリハーサルと ラジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今までなかったことをする

今日は夕方からとあるミーティング。 クラシック・ギターの歴史は、 一説によると織田信長のところへもたらされた 最初のヨーロッパ音楽を奏でたと言われる スペインのビウェラ時代の音楽や、 ベルサイユ宮殿で太陽王ルイ14世が夜な夜な聴いていたと言われる バロック・ギターの音楽まで遡ると かなりなバラエティーと奥行きがあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今井メープルさん復活

今井さんが作ってくれた2006年製のギター。 横と裏がメープルでできているものです。 今まで多くの録音や演奏会に使ってきました。 使用したアルバム モーツァルト・ヴァリエーションズ※ 夢の引用※ キネマ楽園※ The DUO キネマ楽園Ⅱ 夜の太陽 The DUO Cinema Voyage ギターは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕にとってのギターの音色

昨日、渋谷のユーロスペースで 『野球部員、演劇の舞台に立つ!』と言う映画を観ました。 http://yakyubuin-vs-engekibuin.com/ 昨年の暑い時期に、 小六禮次郎先生からのご依頼で 素敵な音楽を弾かせていただいた映画です。 音楽は先生のキーボード、プログラミングと 僕のギターのみなのに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道写真(YAMAHAGC82Cおまけ付き)

9月末北海道に行ってまいりました。 もちろん演奏もしたのですがすごい景色のところに たくさん連れて行っていただきました。 写真は下記FBページよりご覧下さい。 (もっと見る、をクリックすると見られます。) ところで、先日、天羽明恵さんと仙台のとあるクローズドのイベントに行きまして そこでYAMAHAのGC82…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラミレス

先週末のアランフェスの公演に向けて 71年製のラミレスを少しずつ育てていました。 以前、トリフォニーホールでやはり新日本フィルとアランフェスをやった時、 今井さんの杉のギターで生で大丈夫だったので、 なんとなくのイメージはできていたのですが、 今回は、多少細かい小回りがきかずとも、 しっかりした生音でくっきり演奏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のラミレス エストレリータ編

この頃日に日にサウンドが変わっていくので、 記念に撮ってみました。 ちょっとピッチが高かった。 ところでこの「エストレリータ」の編曲ですが、 みんなが弾いているDメジャーのホセ・ルイス編ではなくて ポンセ自身が編曲したと言われているものです。 一説には セゴビアは同じくポンセが編曲した「3つのメキシコ民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さまよえる弦

それぞれの楽器に張る弦、と言うのを よく聞かれますが、 楽器が新しかったり、修理したてで振動が安定していない場合は、 これがいいな、と思って張った弦もしばらくすると 合わなくなってきます。 それではその合わなくなってきたっていうのを どこで判断するかっていうと、 この楽器は本当はこういう音じゃない、 と言う、あくまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弦の覚書き

今使っている弦のセッティング。 台風のせいか、 湿度が高くなるにつれて ギターのコンディションも6月頃とは まったく変わってしまいました。 7月は時間がなさすぎて何も迷わず ほぼYAMAHA一本で通してたのですが、 その間にYAMAHAの弦のセッティングも アクションが軽い方へ一新。 今回は他のギターもそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2日連続 Cinema Music

昨日10日は王子ホール、 今日は兵庫県立芸術文化センター、と、 二日間連続でコンサート。 王子ホールは、 映画と音楽シリーズの第2回目。 コンサート版キネマ楽園、とも言えるシリーズですが、 今回はかなり大胆に新曲を導入。 Lai : Un homme et une femme Mancini : Charade …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

かまえかたかえた

先週のとある日、 身体や筋肉についてある方にいろいろ教わって、 従来自分流に情報集めして成立していた 自分の弾き方を少し見直した結果、 ギターの構え方が思わぬ変化をしました。 ちなみに、11月3日はこんな構え方。 これで、あるいは少し内股気味に踏みしめているのがこれ。 で、今は、というとこんな感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター覚え書き

一ヶ月前は絶好調の今井さんの2000年のギターで この先1年くらいこのまま行こうかな、 と思ってたんですが、 気づいたら今それ以外のギターも引っ張りだして弾いている・・・ 自分の移り気に圧倒される今日この頃ですが 使用弦などを覚えていられなくなってきそうなので 書いときます。 10月2日と3日の山形と富山はフレタ。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

隣りの時空

音楽を弾いていると、 昨日などもそういう体験をしたのですが、 演奏している時にはわからなかったけど 録音されている音を聴いたら 自分が頭に描いたイメージそのままになっていた、 という時がたまにあるんです。 ギターという楽器は、 不思議な、というか、曖昧な楽器で、 各弦どうしの調律は倍音を使って かなり厳密に調整…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今日のセッティング

録音、1日目終了~~~ 皆様 おつかれさまです。 ほんとうにありがとうございます。 さて、忘れぬうちに 今日の使用ギターと弦のセッティング。 メインは2本。 今井勇一作 大介モデル 1.松/メープル 2006年  サバレス ニュー・クリスタル① サバレス アリアンス ②③ サバレス コラム④…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵士のその後

新藤兼人監督の遺作となった 「一枚のハガキ」という作品の中で、 六平直政さん演じる定造という兵士が歌う 「影を慕いて」の伴奏をする兵士役で ギターを弾きました。 もともと、 新藤兼人監督の映画の音楽を 継続的に担当されていた林光先生から、 ある日、 「映画の中で丸坊主になってギターを弾いてくれる人を 紹介してくだ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ふわふわギターをつくる

最近、今井さんのギターが良く鳴って来ているので、 4本ある大介モデルを用途によって使い分けておりますが、 先日の王子ホールの公演でもメインで使った 2000年作の松/ハカランダ モデルや、 キネマ楽園の第一作や池辺先生の「ギターは耐え~」や、 ブランドンさんたちとの武満映画音楽集や「モーツァルト・バリエーションズ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エル・コンドル

広島でたくさんのギタリストや ギタリスト志望の若者を支え続けてくださった 藤井寿一さんがなくなりました。 鬼怒さんとツアーをするとき、 必ず寄らせてもらう広島。 いつもの典型的な旅程では、 大阪の公演の後が広島なのですが、 4~5年前のその年、 僕は大阪のお店にカポタストを忘れてきてしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

またまたリハーサル

昨日の鬼怒さんとのデュオの興奮も覚めやらぬまま、 今日は別キャラで完全にクラシックのデュオ。 原善伸先生とのデュオコンサートが 近づいてきましたので、 先生の横須賀の素敵なギャラリー・スタジオに うかがいました。 先生はサントス・エルナンデスという名器、 僕は1964年のイグナシオ・フレタを使っていて、 どち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原先生とリハーサル

今日は22日のコンサートのための リハーサル第一回目。 原先生は愛する名器サントス・エルナンデスの 駒を高くしてパワーアップしたそうで、 音色も演奏も溌剌とされていました。 レコーディングの渋くて熱い風格に 艶やかな雰囲気も加わって 演奏の幅が広がっている気がします。 プログラム カルリ:セレナーデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコーディングに行ってきた

今週は2日かけて自分のアルバムの収録。 ここ数年、 ピアソラのアルバム以降、 純粋なクラシック作品ではなくて、 キネマ楽園と古部くんとのデュオなどは、 自宅からそれほど遠くないスタジオで マイペースで収録しています。 今回は曲数が多いのですが、 短い曲が多く、編集に時間がかからないため 2日間でとりあえず全曲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今井さん、クリニック

先ほどアップしたブログに書きましたが、 4本ある今井さんの大介モデル中、 2000年のがすごく良くなってきました。 しばらくこれを使ってみたいのですが、 さすがに友人に弾いてもらっていたり 自分でも本格的に演奏会で使っていなかったので、 ネックとか指板の微妙な調整も必要じゃないかと思いまして、 考えていたんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕込む日々

2月に入り、 本格的に今年の前半のスケジュールや 目標を整理して、準備が始まりました。 まず、 今月来月は、 かなりたくさん譜面を書いたり整理したりしようと思っているのですが、 ひとつのプロジェクトだけではないのでそれはおいおい。 何れにしても、 しばらくサボっていた買い込んだ譜面の初見作業と、 音楽書や美術書…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「CAFÉ1930」に使ったギター

今回のCDは 世田谷の閑静な住宅地にある いつものスタジオで。 お正月をまたいで3日間やったのですが、 毎回違うギター持って行ったので 結果4本使いました。 最初の「イパネマの娘」 はYAMAHA GC-82S(2012年製) このギターはもともと来日中のジョアン・ジルベルトに 渡すために作られたジョア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工作GW

ラ・フォル・ジュルネのリサイタルにいらしてくださったお客さま、 ありがとうございました! 短い時間でしたが、ハードな感じのプログラム、 後悔先に立たずで、ひとえに皆さまのご声援に勇気づけられて 乗りきることができました。 さてさて、 僕は初日のみでしたので、 熱狂をよそに、ザ・ファインアーツ・フィルハーモニックのみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

信州国際音楽村

尾尻マエストロとコンサート、 全部デュオで怒濤の球数。 いらしてくださった皆さん、 ありがとうございました!! 3つのエリザベス朝のデュオ  うぐいす パヴァーヌとガリヤルド ソレール  2つのソナタ ヘンデル 組曲第7番「調子の良い鍛冶屋」 ハイドン~フォッサ グラン・デュオ第9番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギターの声??

昨日は 9月27日に三鷹市芸術文化センター「風のホール」 で行うリサイタルについての、 ローカル放送とホールの情報誌へのインタビュー。 いろいろな話とともに、 ニュー・シネマ・パラダイスも演奏しました。 インタビュー後、 司会の原きよさんが、 「演奏しているときはギターとお話しているみたいですね」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

弦の組み合わせを替えた

武満さんの曲は、 空間が多い、というか、 音と音が鳴っているあいだの空気感も とても意味があると思うので、 どんな風に弾くか、というのと同じくらいに どんなギターのサウンドで弾くか、 ということを考えます。 いつも弾いているギターでも、 ちょっと張る弦の種類のミックスを替えるだけで、 ぜんぜん違う音になるから不…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギターを替えてみた

昨年暮れから 思うところがあって 自分のどうしても出したいサウンドのために タッチの種類を少し増やすなどして、 演奏の音色そのものを 少し変化させているのですが、 それがイマジネーションの限界なのか、 ルーティーンにはまっているだけなのか、 あるいは純粋に楽器と弦の組み合わせなどによる 物理的な要因なのかはわかりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンアゼリア リハーサル 使用ギター、プリアンプ

和光市民文化センターのサンアゼリアというホール。 この度、サンアゼリアフィルハーモニカという ホールのオーケストラが結成され、 広上淳一氏の指揮により創立記念コンサートが開催されます。 http://www.sunazalea.or.jp/event/detail.cgi?key=20130808145321 僕は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more