テーマ:CDを聴きました

DOG'S MAP&CAT'S MAP

大学生の頃、僕は少し進路に迷っていた時期があります。 高校時代から、その当時の同世代のギタリスト志望の人たちよりも早く、ソルフェージュや和声の勉強をすることができたり、福田進一先生にコンスタントにレッスンを受けることができたりしたために、有り体に言うと天狗になっていた、のだと思います。そのプライドの高さが立ち居振る舞いに現れて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

YAMAHAさんでお打ち合わせ

本日は3日の葛城北の丸での試聴&コンサートの打ち合わせのため YAMAHAのオーディオ試聴室へ。 こちらのイベント↓ https://member1.jp.yamaha.com/event/detail/id=20497 で使用するオーディオ・システムと同じもので 色々なCDを聞かせていただきました。 オーディオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キケ・シネシさんの新作

キケ・シネシさんの7弦ギターを中心としたソロによる新作。 聴いていて、 なぜか大航海時代にスペインから南米に渡った ギターのことが気にかかってきて、 2006年にチリでマニュスクリプトが発見されて 話題になったサンティアゴ・デ・ムルシアの音楽を ヤコブ・リンドベルイのバロックギターで聞きました。 そのあとでもう一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひと息つけばやりたいことばかり

昨日(金曜日)にいらしてくださった皆様、 ほんとうにどうもありがとうございました!! 長めのコンサートでしたが、 皆様のとても集中して聞いてくださる熱意のおかげで、 ほんとうに楽しい時間を過ごさせていただきました。 あらためてお礼を申し上げます。 さて、 3月4月ごろから続いておりました、 怒涛のクラシック音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CDプレーヤーってすごいね

お恥ずかしいはなしですが、 僕はあんまり大して音楽ソフトの再生に 投資をしないタイプで、 家で使っていたのはKENWOODの3万円くらいの iPod用ドックの付いたCDラジカセ。 でもこれ、 スタジオとかの待合室っていうか休憩室に よく置いてあるという、 わりと音が素直な子なので、 ぜんぜん不便を感じてませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイのおかげで8日はフール・オン・ザ・ヒル

リハーサルをふまえまして、 8日の成城学園 カフェBeulmansでの演奏が予測される曲です。 レノン=マッカートニー~ブローウェル編:フール・オン・ザ・ヒル 鬼怒さん:Calling 鬼怒さん:Lovers 大介:Foxrust その他はいつもの感じ 鬼怒さん曲:Corona / Nullset / エリック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD屋さん

昨日、なぜか②弦だけあと一本になってしまったので、 御茶ノ水のメディア・カームさんに弦を買いに。 最近、 ①~③弦がバラバラのブランドなので、 単独に減ったり余ったりするからたいへんです・・・ ちょっと頭が疲れ気味で、 帰り道、 ひたすらのんびり歩いているのが 気持ちよかったので、 かなり久しぶりにタワーレコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりラリーはアイドルだった

鬼怒さんなんかと、 ジャズ・ギタリストの話をする時に、 一番驚かれる、そして、なかなか変わってていいね~、 と言われるポイント、 それは、僕がラリー・コリエル好きだということです。 もう、中学時代からのアイドル。 最初は、現代ギター社から彼が弾いた リムスキー=コルサコフのシェエラザードの譜面が出たことや、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラームス

週末はかなっくホール、そして村国座と、 大萩康司くんとのデュオが続きます。 http://kanack-hall.jp/calendar/2013/11/006377.html http://www.city.kakamigahara.lg.jp/murakuniza/4277/008337.html このコンサートで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな30年たった

昨日は渋谷のオーチャードホールにて キース・ジャレット、ゲイリー・ピーコック、 ジャック・ディジョネットのトリオを聞きました。 この3人の演奏をずーっと聞いてきました。 最初は中学か高校生のときでしたから ほとんど結成当初から、30年近く。 昨日は この3人のトリオのラスト・コンサート・ツアーの 1日でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうございます

誕生日、 メール、Twitter、その他もろもろ たくさんのメッセージをいただき ほんとうに嬉しかったです。 ありがとうございます。 今日は午前中少しのんびりしてまして、 その後事務処理と練習。 20日に浜松のYAMAHAに行って、 YAMAHAのみなさんに、 みなさんが作っているギターの音色を 聴いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘蔵音源!?

あなたの秘蔵音源を紹介してください、 という記事の依頼をいただきましたが、 たくさんCD持ってはいるけれど これといって秘蔵なものは見当たらず、 強いて言うなら セゴビアのCD、マスタリングが違うというだけで 同じ音源を何種類も持っていますよ~ とお話したら それについて、ということに。 セゴビア、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

リエージュ

6日に演奏する ピアソラのコンチェルト。 アストル・ピアソラの書いた 協奏曲的な作品の中でも、 比較的わかりやすく、平易に書かれているので、 演奏もさらっとしてしまいがちなのですが、 1月に防府で演奏させていただいたときに、 低弦の迫力や、音のひとつひとつの重量感で、 音楽が急に生命感に溢れたものとなることを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジョルジュ・プレートル

>>コメントのみなさま ごめんなさい、 都合じゃなくて、 質問を忘れていました。 Macです!! 15年ほどまえ、 僕は当時流行っていた ソフトやらメールやらペットやらが 全部パッケージになっている 人気ブランドのラップトップコンピュータ(もちろんウインドウズ)を 買おうと思って、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

インストアのお買いもの

なるべく売り場を見ないようにしてるんだけどな・・・ (- -;) Sounds of the 30s Stefano Bollani/Gewandhausorchester/Riccardo Chailly チック・コリアとのデュオやエンリコ・ラヴァとの共演盤が 愛聴盤になっているステファノ・ボラーニのラヴェル。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

いろいろ聴く

今日は9日の王子ホールのリハーサルの 日程を加藤くんと相談して決めたら、 急に思い立ってうちにあるアランフェスを いろいろ聴いてみました。 あまりにたくさんあったので、 まずジョンとブリームを3種類ずつと イエペスのアルヘンタ盤とバルエコとイョランを 聴いてみました。 録音によって、 ギターの色彩感やオ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ベヒシュタイン

近藤くんが レコーディングで使用している ベヒシュタインというピアノですが、 ドビュッシーのお気に入りだったことでも有名です。 最近、 僕が特に気にいって聴いている ナタリー・デセイのドビュッシーの歌曲のCD ドビュッシー:歌曲集「月の光」EMIミュージックジャパン 2012-02-22 デセイ(ナタリー) A…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オーツさん

今日のエルムンドは ホール&オーツの オーツさんがゲストということで オープニングのみの演奏。 終わってからオーツさんに いろいろ話を聴くことができ、 写真も一緒にとってもらいました。 ホール&オーツ、 中学生の時によく聴いたもんな~ 僕がオープニングで スティービー・ワンダーの You Are My …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カニサレスさんのゴイェスカス

フアン・マヌエル・カニサレスさんが その作曲から100周年を記念して ギターに編曲し、演奏した グラナドスの「ゴイェスカス」を聴かせていただきました。 カニサレスさんを初めて聴いたのは、 おそらくパコ・デ・ルシアとトリオで来日した時です。 その数年後も、セクステットにカニサレスさんが加わって来日し、 まるでグル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ベベイ

鬼怒さんとのツアー用に、 新曲を書こうと思っているのですが 書けません。(T T) ツアー中に ゲスト参加してくださる皆さんの顔や 演奏スタイルを思い浮かべながら・・・ 頑張ってはいますが 出てきません。 煮詰まったので フランシス・ベベイのCDを聴いてます。 タワーレコードで売っていた、 アフ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

吉祥寺

19歳の頃、 通っていた高田の馬場の楽器屋さんのスタッフに 「姉が吉祥寺で、古い和服を洋服にリメイクしたブティック をやっているんだけど、そこのパーティで、ギターを弾いてくれない?」 と頼まれ、軽いアルバイトのつもりで引き受けました。 行ってみると、 次々とやってきては談笑して帰る、 服装や話し振りから気品の感じられる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアソラ再訪 その1(予定)

録音があるので、 昔聴いて、しばらくそのままになっていた ピアソラの古~い録音を聞き返しています。 今、50年代が終わり、 「ブエノス・アイレスのマリア」 の前で停滞中。 僕はピアソラがパリで録音した、 ラロ・シフリン(ミッション・インポッシブルの曲の人)なんかが 一緒に弾いている録音の、ムーディーな曲が結構好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デオダ・ド・セヴラック

最近、読んでいる本。 デオダ・ド・セヴラック 南仏の風、郷愁の音画 (叢書ビブリオムジカ)アルテスパブリッシング 椎名亮輔 Amazonアソシエイト by セヴラックという作曲家のピアノ曲はとても素敵で、 ドビュッシーやラヴェル、アルベニスなどのピアノ作品が好きな人には たいへんおすすめです。 自分の家で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

先生のバッハ

福田先生のリサイタル、 バッハのチェロ組曲、3番、5番、6番に 野平一郎さんの「波の記憶」という 内容充実のプログラムを聴きました。 最近発表された福田先生のバッハのCDは、 その演奏のやわらかさと溌剌さを、 製作段階でチラ聴き(!?)させていただいていたので、 最近ますます充実の師匠の演奏会、 期待通りに、しかもそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生きている

鬼怒さんとのライヴにいらしてくださった皆さん ありがとうございました。 東京倶楽部も3回目で、 雰囲気にも慣れてきたみたいです。 リラックスして演奏することができました。 最近は、 演奏というのは、 やはり何と言っても生のものだなぁ、 と実感しています。 消え行くものだからこそ、 その一瞬を愛おしむ、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ピアソラのアサド編

2~3ヶ月前に購入したのですが Mauricio Laferraraという アルゼンチンのギタリストのCDが素晴らしいです。 Volver en guitarra (「ギターに帰る」かな!?) というアルバムですが、 前半は、フォルクローレの演奏で ギターソロやギターデュオ、 ギターとバンドネオンなどの 組み合…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サラバンド

昨日の原善伸先生のリサイタルは 素晴らしい演奏で、感動的な一夜でした。 ソルのモルソー・ド・コンセールという、 まとめるのが難しい長い作品が、 典雅な社交界を思い起こさせる気品をもっていたし、 リョベート編のカタロニア民謡は、 ジョアン・ジルベルトの世界に通じるものがありました。 後半のトゥリーナの解釈も 深い内…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

グラナダ

10月に名古屋で弾こうと思っているのです。 アルベニス作曲のグラナダ。 ちょっと前の、 「それでも恋するバルセロナ」という ウディ・アレンの映画の中で、 およよ~~が、がんばれぇぇ~~と言いたくなってしまう、 味アジな演奏で使われていて(サントラにも入ってる!!) 恋をすると、こういう音楽も 天上のものに聴こえる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界の終わり!?

昨日、タワーレコードで、 もうひとつ、みつけたCD。 http://artist.cdjournal.com/d/gonzalo-soriano-federico-mompou/4110040270 昔、 モンポウの音楽を勉強していた時に、 たまたま見つけた、ソリアーノのモンポウ。 その時は、 スペインのピ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アジアのなかの、和の、美

打ち合わせで渋谷に行ったので、 やっとタワーレコードに行くことが出来て、 青柳拓次さんの「まわし飲み」をゲット。 まわし飲みCHORDIARY 2010-08-04 青柳拓次 Amazonアソシエイト by いいですね~~~♪ 素敵です。 この10日間、 日本の音楽や現代音楽とまじわることが続…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more