テーマ:君にタケミツを聴いてほしい

クラシック・ニュース

インタビューが載っています。 →http://www.music.co.jp/classicnews/interview/index.html 15日に向けてのインタビューだったんだけど、 今日アップされたのでみなさん、お忙しいところ申し訳ないですが 明日までに観てね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

J.F.K.

一昨日の続き。 JAZZ TONIGHTの中で、 僕がセレクトしたJAZZ曲を2曲流してくれるというので、 香津美さんの「スパイス・オブ・ライフ」のなかの、 「J.F.K.」という曲をお願いしました。 なんと言っても、高校時代、 日に10回は聴いてましたから。 どんな曲かというと、 ロックの爽快さとジャズの都会的…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

11日に JAZZ TONIGHT

香津美さんがNHK-FMで 土曜日の23時からやっている、 JAZZ TONIGHTという番組の収録をしました。 僕の、香津美さんフリーク歴や、 子供の頃の話、学生時代のバンド話など、 クラシックの媒体では絶対聞いてくれない、 あるいは答えても固有名詞がわからなくて インタビュアーに眼を点にされる(・ ・;) レアな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ソフィスティケイティッド・レイディー

11月15日のコンサートに向けての、 最終的な編曲が出来上がりました。 もちろん、悩みに悩んだ「アディオス・ノニーノ」も、 ばっちりアレンジできてますよ。 今日の主な課題は、 ビートルズの3曲。 香津美さんがいつも弾いている「If I Fell」 それから「Imagine」「Let It Be」。 名曲ぞろいです…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「アディオス・ノニーノ」煮詰まる

香津美さんと演奏するアストル・ピアソラの 「アディオス・ノニーノ」のアレンジをしてまして、 すっごい煮詰まりっぷり。 ピアソラの演奏を7バージョンも聴いてしまったのが むしろ足かせとなって、 オリジナルの展開から離れられなくなてしまい、 冒頭のピアノのカデンツァの一番有名なバージョンを、 2時間かかってコピーするも、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香津美さんとデュオ・リサイタル

久しぶりだったのでひっしこきました。 マタイ受難曲は、 昔よりバージョン・アップさせることが出来たと思いました。 武満さんの曲もよくまとまって・・・ でも後半のジャズあるいはフュージョンぽい曲になると どうしても少し大人しめになってしまっているのかも・・・ え?そんなことない?・・・・あ、そうなんだ。 相変わらず香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香津美さんとリハ

明後日のリハーサル。 昔やってた曲も、 歳月を経て再びあわせると、 ぜんぜん違う音楽になるので、 とてもエキサイトします。 僕がインプロヴィゼイションの途中で、 試行錯誤にはまってコース・アウトすると、 直後の香津美さんはもっと自由なラインをとって 美しく走り抜けて行きます。 「うわ~やられた」と思っていると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マタイ受難曲から

「懺悔と後悔(悔恨)」と「愛ゆえに我が主は死に給う」を、 ひさびさに独りかためリハーサル。 懐かしかったです。 98年に、翌年のオペラシティでの公演のために、 ギター・デュオにアレンジしたもので、 途中、循環コードによるインプロヴィゼイションのパートがもうけられています。 これは、時折このブログでもふれている、 ジョン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

クリスマス・ソング

知り合いのカメラマンさんにお願いして、 写真を撮りに。 彼を最初に紹介してくれたのは、 今僕が所属している事務所の担当の女性でした。 初めての撮影も、今日と同じように彼のスタジオで行われ、 99年の東京オペラシティでの、武満さんの追悼コンサートの広告に使われました。 その時、僕は父の死の一週間後で、 そのカメラマンさん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

6月10日

僕にとっての父は、母が離婚して離れて暮らしていたこともあって いろいろな思いが複雑に絡み合った対象なのですが、 6月10日というのは、その父の命日です。 昨年は三鷹のオーケストラとアランフェスの演奏会があって、 6月10日はそのリハーサルに行った記憶があるのですが、 今年の6月10日も、アランフェスのリハーサルになりそうで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Where is he?

今日は武満さんのご命日。 猿谷さんが、武満さんのメモリアルで書いた オーケストラ作品の初演にいきました。 谷川俊太郎さんが武満さんを悼んで書いた、 「Where is he?」という詩がもとになっていて、 悲しく、深く、そして強い作品でした。 お客さんにもそれが伝わったみたいで、 猿谷さんへの拍手、すごかったです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOC

渋谷で打ち合わせ。 今年の後半の、 とても大きなイベントのためです。 6月発表予定。 わくわくします。 セルリアンのカフェ、コーヒーおかわり自由が良かったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩佐和弘さん

今度2月18日に白寿ホールの ギターエラボレーションに出演してくれる 岩佐和弘さんは、 僕が初めて一緒に何度も仕事したフルーティストです。 岩佐さんがエコール・ノルマルの工藤さんのクラスから帰ってきて、 ギタリストを探しているときに、 紹介してもらって行ったのは、僕がまだ大学生の間でした。 岩佐さんも帰国したばかり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

達人はいつも先を行く

24日の神戸での香津美さんとのデュオのリハーサル。 楽しかったです。 香津美さんとはけっこう久しぶりなんですよね。 僕がうちまた(??)奏法になって初めて。 右手の弾き方を変えたので、 密かに自慢しようと思ってたんですけど、 巨匠もそれに気付いて実践されてました。 なんというか、「またやられちゃったな~」って感じで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺香津美師匠の熱いライヴ、胸が熱くなりました、そして再会。。。

今日は渋谷セルリアンタワーのJZ Bratで香津美さんの、 かなりストレートな感じのジャズ・ライヴ。 マーティン・フォーゲルくんと一緒に見に行きました。 香津美さん、いつもありがとうございます。 喜びも、悲しみも、すべて見守ってくれて、 ご褒美も、おしかりも、どんな時も愛情いっぱいの香津美さん。 そんな香津美さんの、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

9日 くりこま高原へ、新幹線に乗りました。 武満さんの映画音楽のカヴァーの作業が遅れ気味なので、 列車の中でもCDを聴いていました。 この頃、この一ヶ月半くらい、 出会う人と、あるいは食事などをしながら、 ひとりになりすぎて、自分を見失うこと について話すことが多い気がします。 ある人は、その人が欲しがっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

悲歌

武満さんの映画音楽を聴いていたら、 「儀式」という映画の音楽の中に、 ヴァイリンとピアノのための「悲歌」を ヴァイオリンとオーケストラのために 編曲したものが使われていました。 いたしかたのないことだけれど、 ヴァイオリンが、ピアノだけの伴奏でこの作品を「歌う」と、 必然的に、ある音が、次の音へと変位するための イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・ルイスの平均率を熱く語る

ども! 最近個人的バッハ・ウィークな鈴木です。 この調子で以前のように個人的バッハ・イヤー続けたいです。 僕の「個人的~イヤー」は武満さんとバッハがレギュラーで、 ときどきタンスマン、ニャタリ、フランセ…etc.です。 ジョン・ルイスという、謂わずと知れた モダン・ジャズ・カルテット(MJQ、マンハッタン~ではない) の…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

武満さんのスクリーン

武満さんがご存命のとき、 僕のテープを聴いて、 全集をつくるようにおっしゃってくださいました。 実際、作業続行中に彼はなくなってしまいましたが、 CDは完成し、多くの方々に聴いていただくことができました。 あれからもうすぐ10年ですが、 その間に、武満さんのコンチェルトをすべて演奏したり、 若い時の現代的な室内楽を演奏…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more