テーマ:キネマ楽園Ⅶ

兵士のその後

新藤兼人監督の遺作となった 「一枚のハガキ」という作品の中で、 六平直政さん演じる定造という兵士が歌う 「影を慕いて」の伴奏をする兵士役で ギターを弾きました。 もともと、 新藤兼人監督の映画の音楽を 継続的に担当されていた林光先生から、 ある日、 「映画の中で丸坊主になってギターを弾いてくれる人を 紹介してくだ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

7/31 現代ギター社 キネマ楽園イベントのお知らせ

明日、現代ギター社から発売となる 「キネマ楽園~ギター名曲集」の発売記念イベントが 来週の金曜日7月31日の19時15分から 要町にある現代ギター社 GGサロンで行われます。 多分1時間弱くらい? 演奏もします。 入場は無料!!! なんてことだ。。。 ご予約制となっておりますのでお早めに。 https:…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

70years

日付変わって昨日、 めでたく「キネマ楽園Ⅶ 70years」がリリースとなりました。 僕は音楽家で、ギター弾きなので、 なので、というと、 そういう立場を勇気を持ってしっかりと表明しておられる 諸先輩方に失礼になっちゃうのかな。。。 一介のギター弾きということもありまして、 政治的思想的な立場の明言化や主張はい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Friling(春)

今回のアルバム「キネマ楽園Ⅶ 70years」の中で、 偶然見つけた美しい歌。 『ヒトラーの贋札』をもう一度見直したくて、 ビデオやさんの棚の前をうろうろしていたら 偶然目が合った『ヒトラーの旋律』という映画。 リトアニアのゲットーを舞台に、 人々が生き抜くために歌い踊る、 美しい旋律がたくさん出てくるのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

影を慕いて

僕は昭和45年生まれです。 子供の頃、よくおばさんの家に ご飯を食べにいっていたのですが、 ギター教室もおばの家の近所でしたので、 ギター持っておばの家にいると、 だいたいおばのお客さん (おばは呉服のたんものを売っていた) がやってきて、 「あら~だいちゃん、ギター弾けるの~ ○○とかいいわよね~」 と言ってリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

録音聞いた

先日録音した自分のアルバム、 「キネマ楽園Ⅶ 70years」(仮題) のラフ・ミックスを聞きました。 まだ全曲ではありません。 スタジオで編集し終えたものだけなので、未編集が2曲。 一般的には、ここで、 製作中のコメントとして、 「思った以上の出来栄えです」 と言うのがセオリーですが、(^ ^;) 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコーディングに行ってきた

今週は2日かけて自分のアルバムの収録。 ここ数年、 ピアソラのアルバム以降、 純粋なクラシック作品ではなくて、 キネマ楽園と古部くんとのデュオなどは、 自宅からそれほど遠くないスタジオで マイペースで収録しています。 今回は曲数が多いのですが、 短い曲が多く、編集に時間がかからないため 2日間でとりあえず全曲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tu Es Partout

大詰めの編曲作業 ちょっと出来上がってからしばらく経ってますが エディット・ピアフの 「Tu Es Partout」もアレンジしました。 この曲は 映画『プライベート・ライアン』のなかで、 凄惨な戦闘前の緊迫感溢れながらも一息つくシーンで 兵士たちが聞いています。 あなたが去っても、 私の心の中にあなたはい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

You'll Never Know

今度は、 「エニグマ」という映画の中で使われている この曲をアレンジ。 エニグマっていうのは 第二次世界大戦でドイツが用いた、 とても複雑な文字変換を可能にする 暗号機のことで、 連合軍はこの暗号を解くことに たいへんな労力を費やしました。 最近ではまた、 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J'attendrai

ジャタンドレ、は、待っていましょう、という意味の歌詞の シャンソン。 もともとはイタリアで Torneraiというタイトルで、 このページ https://songbook1.wordpress.com/fx/1936-standards/tornerai-jattendrai/ によれば、 「マダム・バタフライ」のC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

As Times Goes By

いろいろやっている間に 「キネマ楽園Ⅶ」の録音が近づいてきてしまい、 編曲急がなくてはなりません。 候補曲をあいまあいまにポーッと聴き流す日々が続き、 イメージが満ち満ちて溢れだす順に譜面にしようと思ってたのですが、 エチュードが6曲書けたので昨日より着手。 “As Times Goes By”は 7年くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピカルディのバラ

ジョン・マコーマックの歌う、 「ピカルディのバラ」は、 だいたいおよそ100年前、 第一次世界大戦中にとても親しまれた歌です。 今回の「キネマ楽園Ⅶ」では、 このような20世紀前半の古くて美しい歌を クラシカルでコンパクトなアレンジにして まとまった曲数録音する予定です。 ちょうどイメージとしては、 リョベ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more