タレガ編のアヴェ・マリア

11月23日に、知人からお声がけいただいて 川崎から近い横浜市鶴見の古民家カフェ綱五郎さんで 気功や漢方に詳しい医師の爲近慎司先生とお話しながら コンサートをすることになりました。 当日はそのほかに 今昔美未実さんというお香の先生の お香も花を添えてくださるそうで、 ゆったりとした美しい曲や、 いにしえに思いを馳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月のコンサート

21日 中野zeroホール ギタリストたちの饗宴~トップ・ギタリストによる夢の饗宴~ 日本を代表するトップ・ギタリストたちが、多彩なプログラムでバラエティに富んだステージをお届けします。 *なかのZERO笑いと健康フェスティバル2018 出演者 荘村清志、鈴木大介、大萩康司(ギター) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHAさんでお打ち合わせ

本日は3日の葛城北の丸での試聴&コンサートの打ち合わせのため YAMAHAのオーディオ試聴室へ。 こちらのイベント↓ https://member1.jp.yamaha.com/event/detail/id=20497 で使用するオーディオ・システムと同じもので 色々なCDを聞かせていただきました。 オーディオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C.P.E.バッハとサンマルティーニの通奏低音

福島市音楽堂で演奏する オーボエの吉井瑞穂さんとのリハーサルが始まりました。 福島では前回blogに書いた、 J.S.バッハ(伝)のBWV1031のソナタと、 C.P.E.バッハのソナタWotq135を演奏します。 C.P.E.の方は、 元々の楽譜がメロディーとベースラインだけです。 そこに各自伴奏者が和音や対旋律…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BWV1031の新しい編曲について

FBにオーボエの吉井さんとのコンサートのお知らせを載せたら 数人の方から割と専門的なコメントをいただいたので ここでご説明。 J.S.バッハのフルートまたはオーボエのためのソナタBWV1031は、 ほんとうはJ.S.Bachさんではなく、最近ではおそらく息子の作品もしくは 息子との共作であるということになっているようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日授業で弾いた曲

今日の午前中、 音楽の歴史という授業やってきました。 今日弾いた曲 ソル:魔笛の主題による変奏曲(序奏なし) タレガ:アルハンブラの思い出 ヴィラ=ロボス:ガヴォット=ショーロ ペルナンブーコ:鐘の響き マシャド:ショローソ フィリベルト:カミニート カルドーソ:ミロンガ ピアソラ:伊達男(コンパドレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗足学園授業、その他の仕込み

先日はエル・チョクロにたくさんいらして頂いて ありがとうございました。 弾いた曲 バリオス:フリア・フロリダ アルベニス:タンゴ アルベニス:椰子の木陰 バリオス:追憶のショーロ バリオス:タンゴNo.2 バリオス:ドン・ペレス・フレイレ ガルデル:アディオス・ムチャーチョス/首の差で/ボルベール フィリベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月9月の出演予定

8月 10日 東京オペラシティ リサイタルホール 酒井建治 プロデュース公演 昨年初演した超絶作品「エーテル幻想」を さらにバージョン・アップしてお届け。 豪華出演陣にご注目ください!! 18日 博多 電気ビル みらいホール Music Carnaval in MIRAI Hall Vol.5 開場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブエノスアイレスの四季

先日、「ラティーナ」誌の特集のなかで、 「タンゴと私」というテーマで短いエッセイを載せてもらったのですが、 そこに書いたように うちでは僕が小さい頃から父の趣味でタンゴが車の中で流れていて、 親しみを感じる音楽のひとつでした。 ですが、 プロの音楽家としては タンゴだけを専門的に追求しているのではないし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂井紅介さんとリハーサルをした

今日は9月8日に共演する ベースの坂井紅介さんと初合わせ。 坂井紅介さんといえば 僕が昔から聴いている色々なCDで たくさんベースを弾かれている巨匠ですから、 とっても緊張するかと思いきや、 そのあたたかなお人柄のおかげで 初めてにもかかわらずとてもたくさんの可能性を 見いだすことができました。 もともと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田口悌治さんと博多で二日間(8/18,19)

田口さんをご紹介いただいたのは、多分10年以上前です。 博多の、ギター教室をやっている僕の親友から 「すごい人がいる」 と共演の機会を作ってもらったのです。 しなやかで、クールで いざという時に凄味のあるサウンド。 僕も一目惚れしてしまいました。 それから 鬼怒さんと博多に行った折などに 共演し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エーテル幻想

明後日10日は作曲家酒井健治さんの個展。 僕は昨年末に初演したエーテル幻想という曲を演奏します。 この曲、やはり内容が深い曲だけに、 初演時に見つけられなかった美しさや魅力を この度たくさん発見してしまいました。 この作品は、 とてもシンプルな3つの和音が基礎になってできています。 それはこの作品の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコルダトゥーラ

と言うのは、ざっくり言うと変則調弦のことです。 酒井健治さんの「エーテル幻想」、 この超絶難曲は音が細かいだけではないのです。 ①〜③弦は通常通りですが、 ④弦がC、⑤弦がA♭、 そして⑥弦が通常のEです。 さて、ここで、各弦の間の音程を見てみましょう。 ⑥E ↓+3 ⑤A♭ ↓+3 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまでがPでどっからがSなのかのQuestionとRealization

ポンセが編曲したバッハのチェロ組曲第一番の前奏曲。 子供の頃、初めて買ったセゴビアのベスト・アルバムで 一番のお気に入りだった曲です。 大人になって、 風潮もあり、バッハはセゴビア編でなんか弾いてたらダメよ、 みたいなことになっていたこともあり、 自分でオリジナルのチェロ版から編曲して 弾いています。 組曲全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

譜読み大会

先日、オーボエの吉井瑞穂さんと レパートリーを探す譜読み大会をしました。 まずはオーボエ&ギターのためのオリジナルで有名な ナポレオン・コストの作品群。 19世紀のサロン風の音楽で、 昔、僕は高校の同級生だったオーボエのTくんと 大倉山で演奏したことがあるんです。 海外のギタリストには、 これがあるがゆえにオーボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去る者は止まり来るものはよく動く

最近、僕の自宅は およそ12年ぶりの電化製品一斉トラブル期に入っております。 そういうことってありますよね。 12年前は まだ血の気が旺盛で、 電化製品がトラブるのは 持ち主の精神状態の昂りによって生じる プラズマ波のなせる人災だと信じて疑いませんでしたが、 最近は穏やかにしていても壊れるから、 そういうことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼怒さん3Days@音や金時

5月9日から11日に 西荻窪の音や金時さんで 鬼怒さんの3daysがあります。 僕は3日目に出演ですが、 どの日も それぞれすごく面白くなりそうなメンバーです。 ちなみに、 音や金時さんの 羊肉を串焼きにしたものは、 羊大好き人間の僕の中でも 都内有数の美味しさです。 羊カレーもおすすめ。 それと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12のエチュードとインタールードやって見て感想

皆さんほんとうにありがとうございました。 遠くから来てくださった方もいらして 特別で刺激的な夜でした。 エル・チョクロでのライヴ、 前半はピアソラの5つの小品とリベルタンゴ で、 後半は エチュード1 はげまし エチュード2 解き放たれた心 エチュード3 ドルフィン インタールード1(⑥弦をDに) エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more