マリオ・ガンギの練習曲のイタリア風景

ガンギって読むんでしょうか、 Naxosミュージック・ライブラリーがそうなってたんで そのままですが、ガンジって読む人もいるみたいです。 ジャズ風の曲を書くギタリストなので、 以前からチェックしていたのです。 で、自分が『12のエチュード』書くときに この人も22曲も練習曲書いていることを発見。 アンドレア・パーチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新元号発表前に仕事のToDOリストを整理。

2月から3月、 曲が割と多かったのと 通奏低音の勉強や編曲、 本番が続いて、 なんだかんだと仕事漬けでしたので、 一昨日から毎日13時間くらいずつ寝てしまいました。。。 昨日は年に一回となりつつある 海外に在住の大学時代の友人と会食。 のんびりできました。 今日やっと、 起きてウォームアップして目が覚めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月の予定(3/1版)

3月はギター文化館でのリサイタルに始まり、 7日は鬼怒さんとのThe DUO(横浜)、 8日はブラジル・7弦ギターの名手尾花さん、素敵なジプシー・ジャズ・ギターの丹羽さんと町田まほろ座。 10日は戸塚でクラシックと笙とホーミーが出会う鈴木理恵子さんのコンサート。 23日は尊敬するジャズ・ギターの匠、田口さんとの成城学園Beulm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月のコンサート

4月は釧路でのプライベートなコンサートに始まり、 若手トップ・ギタリストたちとの共演、 博多では長いおつきあいのヴァイオリン荒田さんとの シューベルトを中心としたコンサート。 そして後半はエルチョクロでのエチュード集。 大萩くんとの新潟でのデュオ、 鎌倉レゾナンスで藤木くん吉井さんと共演です。 14日 豊洲シビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メープル再調整した、そしてまたもや弦の組み合わせ

面白いもので、この時期になると弾きたくなるのでしょうか。 今井さんのメープルギター。 昨年復活したはずでしたが https://s.webry.info/sp/daisukesuzuki.at.webry.info/201803/article_4.html この直後、 やはりネックのそりが大きすぎて左手が 押さえづ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度はインプロありのギター三昧2Days

みなさま うってかわって 今週、 7日と8日には インプロも交えたライヴがございます。 しかもギターの名手の皆さんと縦横無尽なコラボレーションです。 7日はおなじみ横浜/野毛のドルフィーで 鬼怒さんと久しぶりのThe DUOです。 久しぶりだし鬼怒さん最近 デ・リオのタンゴやってタンゴ度が増し増しなので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11日間で弾いた曲

2月20日から3月2日までに 演奏会で弾いた曲数が、 おかしなことになってしまいました。 よく乗りきれた・・・最初にこうやって並べて見なくてよかった。。。。 もうこんな危ない橋は渡りません。 よいこの皆さんは決して真似してはいけません。 Albeniz : “Cantos de España”
 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大忙しの頼みの綱

ギター文化館のリサイタルが楽しく終了いたしました。 ご来場くださった皆さん、ほんとうにありがとうございました。 今週は焼津でのキネマ楽園コンサート、尾花さんとのギンガ・イベント、 と、色々弾きました。焼津と今日は重複があったものの、 トータルで150分ぶんくらい曲があり、 実はその合間合間に来週の公演のリハーサルと ラジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3/2ギター文化館のリサイタルのプログラム

ギター文化会館さんのご厚意により 当日配布するものと同じ内容を掲載します。 アルベニス:スペインの歌 OP.232 前奏曲(アストゥリアス)/オリエンタル/椰子の木陰/ コルドバ/セギディーリャ アルベニスの組曲の一つ、「スペインの歌Op.232」には ギター好きに馴染み深い曲が顔を連ねています。 とはいえ、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう忘れていることも多い

明日から名古屋2日連続公演です。 お近くの方はぜひ。 http://www.muse-ongakukan.com/saloon/saloon_info 伊福部昭先生の「サンタ・マリア」という曲は、 『お吟さま』という映画のために書かれたチェンバロ作品です。 『お吟さま』は何度か映画化されているようで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

○と△

Twitterでもつぶやきましたが 2/20に王子ホールで演奏するために 武満さんの「○と△の歌」を ソロ用にアレンジしました。 98年くらいだったでしょうか、 武満さんのCDが出て。 「バッハ、武満、ピアソラ」とか 「バッハ、武満、ビートルズ」みたいなテーマで コンサートをすることが多かった頃に、 武満さんのポピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月のコンサート(01/16版)

20日 雑司が谷 エル・チョクロ 新春スペシャルライヴ 鈴木大介ギターソロ Daisuke Suzuki the Best 2019 新譜の収録曲と武満徹編12の歌からの抜粋プログラム。 プログラム アイルランド民謡〜武満編:ロンドンデリーの歌 武満徹:波の盆 武満徹:燃える秋 ジョビン:ディサフィナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今までなかったことをする

今日は夕方からとあるミーティング。 クラシック・ギターの歴史は、 一説によると織田信長のところへもたらされた 最初のヨーロッパ音楽を奏でたと言われる スペインのビウェラ時代の音楽や、 ベルサイユ宮殿で太陽王ルイ14世が夜な夜な聴いていたと言われる バロック・ギターの音楽まで遡ると かなりなバラエティーと奥行きがあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モリコーネ、どっちで弾こうか迷った日

そろそろ、 アルバム発売コンサートに突入しますので、 今週は外に出ずに練習。 今回のベスト・アルバムは、 実はなかなか暗譜と演奏が難しい曲がいくつかありまして、 昨年末、倉敷と姫路、水戸、他、いくつかのコンサートで そういう曲を重点的に弾いて周りまして、 慣れる、というわけではないんですが 自分のなかでそういう曲を弾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/20雑司が谷エル・チョクロさんのプログラム考えた

1月20日の日日曜日15時から雑司が谷のエル・チョクロさんで行う CD発売イベントを兼ねた定例ライヴですが、 なるべくCDに入っている曲を弾きたいと思っています。 あと、 武満編の「12の歌」からの抜粋その他も弾きます。 アイルランド民謡〜武満編:ロンドンデリーの歌 武満徹:波の盆 武満徹:燃える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キーボード広くした

お正月は仕事づけ。 今年は仕事の効率化と長時間化に耐えるべく、 作業環境を少しずつ整えるつもりでやっています。 手始めに、 編曲などをした楽譜を浄書する際に使っている鍵盤、キーボードを、 37鍵から49鍵に増やしてみました。 もう5年以上使っていて、 接続部に不具合が出てきたのを機に バージョンアップ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もよろしくお願いします~ご挨拶と2019年の予定

2019年になりました。 本年も皆様のご多幸をお祈り申しあげます。 僕の今年は、おかげさまで どきどきのアドベンチャーで、 初演作品も多く、また数々の素敵な共演に恵まれそうです。 人が生きていくためにする仕事には、 いくつかの姿があると思います。 1.自分がやりたいこと、夢見ていること 2.自分にできるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more