説明がないとざわざわする

今日は白寿ホールでリハーサル ライヴをやっている時とか、 ホールで自分の音が響いてかえってくるのを来るのを聴いてるときとか、 あー、自分はとても幸せだな、 と感じています。 このコロナ禍になってわかったことは、 昔は自分は打ち上げとか達成感が好きで 音楽をやってるんだと思っていましたが、 実は…
コメント:0

続きを読むread more

描けなかったけど次もある

9月4日と11日の2回に渡って予定されていた こちらの企画ですが https://www.kajimotomusic.com/essence/ 緊急事態宣言の延長によって 夜の部が不可能になってしまったこと、 そしてもともと 親密な空間で 絵や音楽の話をする、 と言う内容のこともあって、 延期となってしまいまし…
コメント:0

続きを読むread more

まだまだあった

前回、 ポール・オデット氏をご紹介した ジュリアン・ブリーム トリビュートですが、 ニューヨーク・ギター・フェスティバルみたいなのの シリーズ動画だったようで、 なんとそのあと 我が師匠エリオット・フィスク先生の回も 見つけてしまいました。 お元気そうで何より。 そのほかにも この動画フェスに…
コメント:0

続きを読むread more

51/76

終戦の日、 そして敗戦の日。 ネットでこの時期だからこそ上がってくる いろんな記事を読んでいると、 本当に大変な時代だったのだな、と あらためて悲しい気持ちになります。 今が良い時代とは決していえないまでも、 戦争がないことだけには 感謝しても良い日なのです。 と同時に、 人間性とか国民性とい…
コメント:0

続きを読むread more

何を招いているのか

今日は朝からとても涼しかったですね。 大雨の心配な季節です。 15日のコンサートがなくなってしまって、 とはいえ練習すべきものはたくさんあるのですが、 言ったら分量が3割くらい減った計算になったのもあって 今日は練習を中断して 動画を撮っていました。 今朝の秋は 毎回自分のアレンジしたものなの…
コメント:0

続きを読むread more

雄は我が身

フルートの柳楽(金山)小百合さんとのコンサート、 まさかの2年連続中止~~~~ 驚いた... 残念です。。。。 横須賀の感染者が急増して、 ホールを含む公共施設が クローズしてしまうのだそうです。 いや〜 まいった。。。。 コロナになって コンサートやライヴが中止延期は 日常茶飯事(それでも僕は…
コメント:0

続きを読むread more

フルートとの名曲集とE.F.G.A.とD.Es.G.A.

15日はフルートのコンサートなのですが、 初共演の柳楽(金山)小百合さんの作ったプログラムが とても面白いです。 名曲集なんですけど 意欲的で、 フルートの伴奏はずいぶんやってて、 例えばフルートとギターのために書かれた レパートリーの中から 有名なものを、 っていうのも勿論やったことあるし、 そうではな…
コメント:0

続きを読むread more

子供の頃、戦争に行きたくなかった

8月は 6日が広島に原爆が投下された日、 9日が長崎に原爆が投下された日、 そして 15日は終戦記念日、と、 このお盆の時期を毎年戦没者の皆さんを 偲ぶ10日間にしてもいいのではと思えるくらい いろんな気持ち、感情が去来します。 僕は子供の頃、 どうしてかわからないけど ほんとうに戦争に行きたくなくて、 …
コメント:0

続きを読むread more

道を憤っている人が歩いてるケースが増える

ギターを弾くことを仕事にしていると 毎日練習するわけなのですが、 もともと無計画なタイプなので 曲の多い月はペースの振り分けが大変。 目の前にあるコンサートの練習ばかりしてしまって、 その次がわりとすぐやってきたりすると どんどん火の車に.... なんてことになりかねません。 目下の問題は いつ、草津で弾く…
コメント:0

続きを読むread more

金のメダルと黒い雨

今日は取材のため外出。 うちから最寄りの山手線駅までは だいたい歩いて6分くらいなのですが、 今日の帰り道、だいたい17時ころですか、 やはり道を歩いている人でマスクしてない人が7人。 もちろん、アレルギーとか 体質でマスクができない人も この中に含まれているかもしれないのですが、 7人のうち大抵の人は …
コメント:0

続きを読むread more

空気が確実になんか違う

この夏は気のせいかもしれないけど ギターのコンディションがあまり良くありません。 熱帯に暮らしているみたいな感じ、 プラス 日本独特の空気の停滞感。 というわけで ギターをぐるぐる取っ替え引っ替えしてしまうわけですが、 結論は出ません。 言ってみれば全部のギターがそこそこ調子悪いので、 だったら一番状態…
コメント:0

続きを読むread more

足りなければサプリメント

秋川キララホールで古部くんとの楽しいコンサートを終え 帰宅するもちょっとした事件で ドタバタしてしまい、 今日はちょっとお昼をがっつり行きすぎたので 夜は控えめね、 と思っていたのに いろいろ案件が重なっていたので それらをやり過ごしたら急にお腹が減って ひとりでポンド・ステーキを焼いて食べてしまいました....…
コメント:0

続きを読むread more

新譜が出ます9/22

New Album ギターは謳う My Guitar's Story MECO-1064 9月22日発売です 2001年のアルバム『どですかでん』 以来、20年ぶりに「12の歌」を録音しました。 今回は12曲すべてフレタ(1964年)で弾いています。 同じく25年ぶり録音の「ラスト・ワルツ」も。 他の編曲…
コメント:1

続きを読むread more

Film Scores 編曲ノート③  「今朝の秋」

これは山田太一原作による 笠智衆を主人公にしたNHKドラマ3部作の3作目です。 先日、 3つ全部を見直しましたが、 音楽はそれぞれ 「ながらえば」(1982年)→ 湯浅譲二 「冬構え」(1985年)→ 毛利蔵人 「今朝の秋」(1987年)→ 武満徹 と、 豪華な布陣です。 笠智衆も 小津作品のように…
コメント:0

続きを読むread more

腕のたつ人の仕事に助けられている

今日は朝早く目が覚めてしまったので 現代ギターの原稿書きとインタビュー校正。 毎月のエッセイは 今年の連載では 迷わず音楽の話を書くことを解禁したので あまり悩まずに書くことができます。 だいたい、そんな風な リズムとかハーモニーの話題を書く方が、 素敵な日常を描こうとするより 余程楽なのに決まってますよね。。…
コメント:0

続きを読むread more

通信網の電波とそうじゃない電波または波動

9月の末に 久しぶりに西日本うろうろツアーができそうで できそうっていうのは僕がやろうとしても やらせてくれる場所がないとダメなのですが、 今回はそれがわりとサクサク決められそうで そういう時は各方面に連絡を取っても 自然とすんなりことが運んだりしますよね。 久しぶりに、 というのはコロナのこともあるのですけど、…
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず前と後ろを見てからなので

新しい自分のクラシックギターのソロCDを制作し続けています。 音ができて、 ライナーノートについてお願いしたり、自分で書いたり、 それからジャケットのデザインについて話し合ったり。 そういうのがそろそろ最終段階に入ってまいりました。 それで気づいたんだけど、 その制作にまつわる色々なお話の中で、 まあ今回は…
コメント:0

続きを読むread more

8月がんばりましょう (←自分に😅)

8月のコンサート予定です。 8/1 秋川キララホール 古部賢一×鈴木大介 オーボエ・ギター・デュオ・コンサート 開場/開演 13:30/14:00 会場 秋川キララホール チケット料金 [全席指定・税込] 一 般 2,000円           友の会 1,800円           学 生 1,500円 ※…
コメント:0

続きを読むread more

Four Paths of Light Part Iについて

最初の小節は3音/2音/4音のグループ それぞれ [F-D♭-G][G-C][A♭-D♭-F-G] からできています。 このそれぞれのグループを見ていくと、 [F-D♭-G]はD♭#11、 あるいは#11=#4というのはリディア旋法の特徴的な音ですので このグループはD♭メジャー、 次の2音は GとCで Cメジャー…
コメント:0

続きを読むread more

7月10日 ギター文化館

久しぶりにギター文化館でリサイタルがあります。 10日 プログラム バッハ:組曲BWV1012ニ長調 (原曲:無伴奏チェロ組曲第6番)より  プレリュード、クーラント、サラバンド、ガヴォット、ジーグ シューベルト〜メルツ:6つの歌曲 ポンセ:ソナタ“シューベルトを讃えて” ピアソラ:天使のミロンガ/…
コメント:0

続きを読むread more