三鷹市芸術文化センター 風のホールと僕

僕の日本での正式なデビューは1995年。。 それから早24年です。 その間に、多分、もっともお世話になっておるホールの一つ。。。。 それが三鷹市芸術文化センター 風のホールです。 自分の記憶の中で、一つ問題なのは、 正直いうと、そのホールに行った、ことのある印象というのは 1.苦労した演目だと、たった一曲出演した…
コメント:0

続きを読むread more

9月のコンサート

7日 雑司が谷 エル・チョクロ " 名器イグナシオ・フレタ(1964)と一体になった鈴木大介ならではの音色と超絶技巧が奏でる、 パラグアイの至宝、アグスティン・バリオス (1885〜1944)の名曲の数々" プログラム アグスティン・バリオス: 大聖堂 森に夢見る マズルカ・アパショナータ ワルツNo.2 君の心のほとり…
コメント:0

続きを読むread more

編曲集(その2)

え〜、 前回の記事のあと、 現代ギター社さん編集部さんより 正しい曲目リストをいただきましたので・・・・ この素晴らしき世界(ジョージ・ダグラス&ジョージデビッド・ワイス) What a Wonderful World(George Douglas & George Davis Weiss) デサフィナード(ア…
コメント:0

続きを読むread more

編曲集

実は今、 演奏会も忙しいシーズンではございますが、 自分の3冊目となる楽譜集の出版に向けての準備を ゆっくりゆっくりとした歩みで進めています。 こちらの曲集には、 『Daisuke Suzuki the Best 2019』に収録となった曲たち、 ほとんどは現代ギター誌に連載させていただいたものですが、 それらが全てと…
コメント:0

続きを読むread more

マハとナイチンゲール

今日リハーサル。 グラナドスの「マハとナイチンゲール」はとても好きな曲ですが、 ギター一本の伴奏だとどうしてもかなりデフォルメしないといけません。 こういう時は 音を減らせれば減らせるほど良い編曲になるのですが、 まだまだ、原曲好きとしては未練があり、 なんとか淀まず弾ける程度にしか減らせていないので、 もっと歌と…
コメント:0

続きを読むread more

9/14、9/15、9/27のプログラム

昨日のバリオス、ほんとうにたくさんのお客様にいらしていただき たいへん盛り上がりました。ありがとうございました。 草津で連日、テンションの高いリハーサルと本番を続けるうちに ぐうたらな僕にもなんとかスイッチが入りまして、 このまま今年はこのテンションで走りきりたいところです。 さてさて楽しいコンサートが目白押しの9月で…
コメント:0

続きを読むread more

9/7 フレタでオール・バリオス演奏曲目決定

この写真で弾いているフレタは 2009年に、 荘村清志さんの真似をして手に入れたものです。 当時、一緒にツアーすることが多くて、 いつも隣で聴いていたら、 その頃までほとんどヴィンテージものの名器には 興味がなかったのですが、 どうしてもそういう楽器が欲しくなってしまったのです。 同じ頃、 ワインに詳し…
コメント:0

続きを読むread more

やってきました草津

 初の出場となる草津国際音楽アカデミーにやってまいりました。  僕は明後日、シューベルティアーデをテーマにした公演で以下の曲を演奏。 F.シューベルト:光と愛 D.352 天羽明惠(Sop)、日野妙果(Mez-Sop) 、鈴木大介(Guit) F.シューベルト:野ばら 作品3-3 D.257 /アヴェ・マリア(エレンの歌…
コメント:0

続きを読むread more

井上さんと#5

僕の高校の先輩で、 もうなくなられてしまったのですが、 井上淑彦さんという素晴らしいサキソフォニストが いらっしゃいました。 僕は時々デュオで演奏することのある とても尊敬しているジャズ・ギタリストの 田口悌治さんを通じて彼のことを知り、 ライヴなども拝見していたら、 なんと高校の先輩であることがわかり、 もう少し…
コメント:0

続きを読むread more

7月後半はライヴ目白押し!!

久しぶりの投稿ですが、 ベルギー王立リエージュ・フィルとのタン・ドゥン作曲 ギターコンチェルトの初演、 そして昨日の王子ホールでの新シリーズ初回コンサートと、 いらしてくださったお客様に心から感謝いたします。 ありがとうございました。 さて、この後7月は特別なライヴが続きます。 まず24日東京、そして26日大阪…
コメント:1

続きを読むread more

6月のクリスティアン・アルミンク 指揮ベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団

クリスティアン・アルミンク 指揮ベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団 京都 2019年6月29日(土)14:00開演(13:15開場)  京都市コンサートホール大ホール Saturday 29, June 2019 2:00 p.m. at Main Hall 若き巨匠アルミンクとベルギー名門オケが魅せる、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月7日の池上本妙院

5月は7日池上本妙院さんでの こちら、今をときめくJAZZのトップ・プレイヤーお二人とのコンサート。 昨年8月、博多の田口悌治さんのイベントでご一緒したドラムの江藤さん、 押しも押されぬジャズ界のトップ・ドラマーでありながら、 最近では鬼怒さんたちとロックの名曲を演奏したりもされています。 鬼怒さん曰く、「ロック界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリオ・ガンギの練習曲のイタリア風景

ガンギって読むんでしょうか、 Naxosミュージック・ライブラリーがそうなってたんで そのままですが、ガンジって読む人もいるみたいです。 ジャズ風の曲を書くギタリストなので、 以前からチェックしていたのです。 で、自分が『12のエチュード』書くときに この人も22曲も練習曲書いていることを発見。 アンドレア・パーチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新元号発表前に仕事のToDOリストを整理。

2月から3月、 曲が割と多かったのと 通奏低音の勉強や編曲、 本番が続いて、 なんだかんだと仕事漬けでしたので、 一昨日から毎日13時間くらいずつ寝てしまいました。。。 昨日は年に一回となりつつある 海外に在住の大学時代の友人と会食。 のんびりできました。 今日やっと、 起きてウォームアップして目が覚めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月の予定(3/1版)

3月はギター文化館でのリサイタルに始まり、 7日は鬼怒さんとのThe DUO(横浜)、 8日はブラジル・7弦ギターの名手尾花さん、素敵なジプシー・ジャズ・ギターの丹羽さんと町田まほろ座。 10日は戸塚でクラシックと笙とホーミーが出会う鈴木理恵子さんのコンサート。 23日は尊敬するジャズ・ギターの匠、田口さんとの成城学園Beulm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月のコンサート

4月は釧路でのプライベートなコンサートに始まり、 若手トップ・ギタリストたちとの共演、 博多では長いおつきあいのヴァイオリン荒田さんとの シューベルトを中心としたコンサート。 そして後半はエルチョクロでのエチュード集。 大萩くんとの新潟でのデュオ、 鎌倉レゾナンスで藤木くん吉井さんと共演です。 14日 豊洲シビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メープル再調整した、そしてまたもや弦の組み合わせ

面白いもので、この時期になると弾きたくなるのでしょうか。 今井さんのメープルギター。 昨年復活したはずでしたが https://s.webry.info/sp/daisukesuzuki.at.webry.info/201803/article_4.html この直後、 やはりネックのそりが大きすぎて左手が 押さえづ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more