30年経ったカステルヌオーヴォ=テデスコ

来る2月12日の王子ホールで演奏する
マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコの3曲

タランテラ
悪魔の奇想曲
理性の眠りは怪物を生む〜「24のゴヤのカプリチョス」 より

このうち最初の2曲は
なんと18~19歳の頃頻繁に弾いていたレパートリーです。

若い頃、と言うか子供の頃
弾いていたレパートリーを
今この歳になって演奏するのは
ほんとうに苦痛を伴います。

弾けていたような気がするフレーズが、
実はちゃんと理解できていなかったことに気付いたり、
勢いで突破していたダイナミクスは、
計算しないと作れなくなっていたり。

でも、
この頃はそう言うことをクリアーしていく先に
なんか自分の熟成が見える気がしているので、
あえて取り組むようにしています。

あるいはもっと言えば、
若い頃弾いていた同じ曲のイメージを
まったく覆せるような新しい像を結ぶまで
突き詰めていくと、
自分自身もすごく進歩している感じがあるのです。

これはその曲を通じて
ギターの鳴らし方そのものをも学び直している作業なので、
とても時間がかかるけど、ほんとうに充実した作業です。


で、
そのようにさらい直したカステルヌオーヴォ=テデスコさんの曲、
たくさんの方に聴いていただきたく、
王子ホールはゲストcobaさんの大人気のおかげで早々に売り切れてしまいましたので、
じっくり聴いていただく機会をもうけました。

IMG_2191.jpeg

後半はタンゴをお聴きいただけます予定。
ピアソラはイタリア移民の息子なので、
思いがけぬ調和がプログラムから聞けるかもしれません。

どうぞお楽しみに!!
























"30年経ったカステルヌオーヴォ=テデスコ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。