J.F.K.

一昨日の続き。

JAZZ TONIGHTの中で、
僕がセレクトしたJAZZ曲を2曲流してくれるというので、
香津美さんの「スパイス・オブ・ライフ」のなかの、
「J.F.K.」という曲をお願いしました。
なんと言っても、高校時代、
日に10回は聴いてましたから。

どんな曲かというと、
ロックの爽快さとジャズの都会的なセンスが
見事に融合して、これこそフュージョン!!と言いたくなるような、
憂鬱な日も元気が出るみたいな曲です。
「この、ここのカッティングがいいんですよ~」と、
興奮して熱く解説してはみたものの、
相手はレコーディングした演奏者本人の
渡辺香津美さんでした。ははは・・・。

ところで、この「J.F.K」、
番組では2曲目にかかるのですが、
1曲目の最中にディレクターさんがヘッドフォンから、
「あ、それで香津美さん、次の曲のタイトルですが、
『J.F.K.』ですよ・・・ね?」

そう言われて二人で同時に
香津美さんお手製の放送台本に眼を落とすとそこには


 M2 スパイス・オブ・ライフ
 U.F.J.


・・・・・・。
しかもご丁寧にピリオドまで・・・。

さすが巨匠、爆笑ネタの仕込みには余念がないね、
と思ったら、ほんとに間違えてたみたいで、
爆笑の後、
「う~ん、でもこれは放送じゃ言えないなぁ・・・」
と残念そうにしておられました。

"J.F.K." へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント