描けなかったけど次もある

9月4日と11日の2回に渡って予定されていた
こちらの企画ですが
https://www.kajimotomusic.com/essence/

緊急事態宣言の延長によって
夜の部が不可能になってしまったこと、

そしてもともと
親密な空間で
絵や音楽の話をする、
と言う内容のこともあって、
延期となってしまいました。

残念ですが
僕としては
皆さんの健康第一が嬉しいので
自分の責任を感じなくなって
ほっとしてしまった部分もあるみたい....


ところで
この企画、
延期になってから内容を説明するのも変なのですが

かなり高額な受講料の秘密はといえば、

誰でも自由に描けるクレパス画を
あるテーマをもとに皆さんに描いてもらって、

最終的にはその絵が額装されて作品としてお手元に残るのです。

でも、なかなか描くものが思い浮かばない、
と言う場合もありますよね

なので、まず
あるプロフェッショナルな作品を鑑賞して、
それについて思うことを話し合います。

最終的にその作品のタイトルや内容の説明があり、
僕がそれに沿うように選んだ音楽を弾きます。

そのあと、描く時の
テーマについて考える時間があります。

皆さんが話し合ったあと、
僕がそのテーマに沿って選んだ音楽の断片を弾くことになっています。

そうすると
だいたいどんな方でも
自然と手が動いて、
絵が描けてしまうのです。

で、その次の回に集まって、
それについての感想や解題、と言ったワークショップを行い、

そのあと
僕が前回断片しか弾かなかった音楽の
全体を演奏するのです。


ここまでの全部の工程を含む参加費ということなのですね。。
画材も舶来のかなりな高級品、
ていうと明治のおっさんみたいですが、
充実したものを提供してくださっています。

またいつか
開催できるといいなぁ

自分でもやってみたけど、
絵を描くとか、美術について考えることが、
とても身近に感じられてくるのです。






さて、
緊急事態宣言の延長で色々な
スケジュールの動きがありますが、
今のところ開催予定の演奏会を一つご紹介。

9.18 柴田俊幸×鈴木大介 表.jpg9.18柴田俊幸×鈴木大介 裏.jpg

フルートの柴田さん、
とてもウィットのある、素晴らしい演奏をされる方で、
ヨーロッパでは大活躍なのですが、
日本でも今、どんどん話題沸騰中です。

こちらとても狭い会場で、
感染対策を万全にしております。
ご無理のない範囲でいらしてください。

今日はそういうわけで、
予告編として
昨年の演奏会の動画をアップしました。

この楽器で、同曲を含む様々なウィーンの音楽をお届けします。





















この記事へのコメント