通信網の電波とそうじゃない電波または波動

9月の末に
久しぶりに西日本うろうろツアーができそうで
できそうっていうのは僕がやろうとしても
やらせてくれる場所がないとダメなのですが、
今回はそれがわりとサクサク決められそうで
そういう時は各方面に連絡を取っても
自然とすんなりことが運んだりしますよね。


久しぶりに、
というのはコロナのこともあるのですけど、

それ以外に、
以前は毎年ツアーに出ていた
鬼怒さんとの The DUOの旅をしなくなった
(仲が悪くなったとかではない)
のと、

2017~18年頃は
一人でエチュードを弾くツアーなんかにも出てましたよね。
そういうのもしなくなってしまったのと。

そうだ、それで思い出したけど、
「Daisuke Suzuki the best 2019」を出したときに (2018年末)
何か所か行って弾いたりCD買ってもらったりしてましたよね、
神戸とか。。。。

それ以来ぶり、というわけです。


ま、でもそう考えると2019年〜今まで、
ということだから
自分で感じるほど久しぶりじゃないのかぁ.....



今回周れそうなのは、
今のところ
福山と広島、
あとは
沢田穣治さんと京都と大阪、です。


福山と広島は
9月後半に発売の新しいCDを持って持って弾きにいく感じ。

京都と大阪は、
先日、配信になった沢田穣治さん、馬場孝喜さんとの
Quiet Answer Trio によるアルバムとその関連、
京都はトリオ、大阪は穣治さんとのデュオ.....


Quiet Answer TrioのRomeo Azulというアルバムは、

昨年末、京都に行った折、
琵琶湖畔のスタジオで収録しました。
年末もさしせまった
たしか28日とかそのくらいの日に
1日で録りました。


そのスタジオは
スタジオ・ジブリのアニメに出てきそうな
メルヘン、というのか、
あるいはオールド・ヨーロピアンというのか、
そういう外観も内装も素敵な小さな家が
2軒並んで建っていて
そのすべての部屋が
ミキシングルームとつながっているのです。

で、穣治さん、馬場くん、僕は
それぞれが別の部屋に入って、
(穣治さんに至っては別の棟)

本当に耳だけを頼りにアンサンブルしたのですが
その前の日にもライヴをしていたし、
まったくそんな風な意識を持たずに、
自然とアンサンブルできてしまったのを覚えている、

というより

相手のことが見えなかった、

という記憶すらありません。



考えてみると、
Quiet Answer Trioでは

例えばライヴで本番弾くときも、
相手の顔見てコンタクト取ったりとか、
ほとんどしてないのかもしれません。。。。。



気で弾いているのでしょうか.....

その成果はぜひ配信をお聴きください。








この記事へのコメント