次なるサポートのその先と、あとどうでも良いギター話。

ふと思い出したのですが、 ザルツブルグに留学していたころ、 僕が住んでいたのは学校のあるザルツブルグ市街から 30キロ弱離れたハライン という静かで小さな町で、 日頃の変化もあまりなく、 徒歩とザルツブルグまでいく電車に15分乗るだけの生活が ほぼ1年の8割を占めていたので、 留学生活の終わりの方で福田先生の先生のナルシス…
コメント:1

続きを読むread more