シューベルト随想②

近年になって明らかになってきたのは、 シューベルトの音楽が受け入れられてきた歴史、 つまり“受容史”において、 声楽曲と室内楽曲、ピアノ作品、交響曲などのそれぞれに タイムラグがあるということです。 前回にふれた、 映画『未完成交響楽』が製作された年代(1933年)、 一般の民衆の理解の範囲では シューベルトはあくま…
コメント:0

続きを読むread more