シューベルト随想②

近年になって明らかになってきたのは、 シューベルトの音楽が受け入れられてきた歴史、 つまり“受容史”において、 声楽曲と室内楽曲、ピアノ作品、交響曲などのそれぞれに タイムラグがあるということです。 前回にふれた、 映画『未完成交響楽』が製作された年代(1933年)、 一般の民衆の理解の範囲では シューベルトはあくま…
コメント:0

続きを読むread more

シューベルト随想①

昨年から続いているプロジェクトですが、 シューベルトについての仕事を続けています。 その間、 昨年はタン・ドゥンがあったり、 12月のリサイタルがあったりしましたので、 混乱するといけないので 発信を控えていた部分もあるのですが、 今年の3月のシューベルト・トリビュート・アルバム と3月21日のコンサートに備えて …
コメント:2

続きを読むread more

2006年に僕は一人でニューヨークに行った話

新年明けて、いろいろな音楽を聴いています。 今年はベートーベン・イヤーなので、 ヘレヴェッへの4番と7番を聴きながら部屋のワックスがけをし、 ミサ・ソレムニスを聴きながらお酒を飲んだりしています。 その最後にふと気になって、 2006年にリリースされた自分のアルバム、 ブランドン・ロスさんとツトム・タケイシさんとの ト…
コメント:0

続きを読むread more

2020年1月〜2月の予定

18日 府中 IN VINO VERITAS 耳のごちそう vol.4 The DUO 開場:14時半 開演:15時 ¥3000 (1drinkつき) 予約 ORT Music 042-334-3817 kkyoko@ortopera.com SANTGRIA 042-368-6368 info@santgri…
コメント:0

続きを読むread more