9月のコンサート

7日 雑司が谷 エル・チョクロ " 名器イグナシオ・フレタ(1964)と一体になった鈴木大介ならではの音色と超絶技巧が奏でる、 パラグアイの至宝、アグスティン・バリオス (1885〜1944)の名曲の数々" プログラム アグスティン・バリオス: 大聖堂 森に夢見る マズルカ・アパショナータ ワルツNo.2 君の心のほとり…
コメント:0

続きを読むread more

編曲集(その2)

え〜、 前回の記事のあと、 現代ギター社さん編集部さんより 正しい曲目リストをいただきましたので・・・・ この素晴らしき世界(ジョージ・ダグラス&ジョージデビッド・ワイス) What a Wonderful World(George Douglas & George Davis Weiss) デサフィナード(ア…
コメント:0

続きを読むread more

編曲集

実は今、 演奏会も忙しいシーズンではございますが、 自分の3冊目となる楽譜集の出版に向けての準備を ゆっくりゆっくりとした歩みで進めています。 こちらの曲集には、 『Daisuke Suzuki the Best 2019』に収録となった曲たち、 ほとんどは現代ギター誌に連載させていただいたものですが、 それらが全てと…
コメント:0

続きを読むread more

マハとナイチンゲール

今日リハーサル。 グラナドスの「マハとナイチンゲール」はとても好きな曲ですが、 ギター一本の伴奏だとどうしてもかなりデフォルメしないといけません。 こういう時は 音を減らせれば減らせるほど良い編曲になるのですが、 まだまだ、原曲好きとしては未練があり、 なんとか淀まず弾ける程度にしか減らせていないので、 もっと歌と…
コメント:0

続きを読むread more

9/14、9/15、9/27のプログラム

昨日のバリオス、ほんとうにたくさんのお客様にいらしていただき たいへん盛り上がりました。ありがとうございました。 草津で連日、テンションの高いリハーサルと本番を続けるうちに ぐうたらな僕にもなんとかスイッチが入りまして、 このまま今年はこのテンションで走りきりたいところです。 さてさて楽しいコンサートが目白押しの9月で…
コメント:0

続きを読むread more

9/7 フレタでオール・バリオス演奏曲目決定

この写真で弾いているフレタは 2009年に、 荘村清志さんの真似をして手に入れたものです。 当時、一緒にツアーすることが多くて、 いつも隣で聴いていたら、 その頃までほとんどヴィンテージものの名器には 興味がなかったのですが、 どうしてもそういう楽器が欲しくなってしまったのです。 同じ頃、 ワインに詳し…
コメント:0

続きを読むread more