5月7日の池上本妙院

5月は7日池上本妙院さんでの
こちら、今をときめくJAZZのトップ・プレイヤーお二人とのコンサート。

画像


昨年8月、博多の田口悌治さんのイベントでご一緒したドラムの江藤さん、
押しも押されぬジャズ界のトップ・ドラマーでありながら、
最近では鬼怒さんたちとロックの名曲を演奏したりもされています。
鬼怒さん曰く、「ロック界にもあんなにスピリットのある人は少ない!!」
とのこと。
僕は昨年末に自由が丘のメロウブラウンカフェでなんとデュオをさせていただきました。

僕がご一緒して思うのは、
何といってもそのグルーヴの生命力の強さです。
江藤さんのドラムソロだけのライヴがあるのも納得。
ず〜〜っと聴いていたい、そして無理なく元気にしてくれる(←重要)
そんな素晴らしいドラマーさん。

邦和さん(そうお呼びしているのです)と初めてお会いしたのは、
小室等さんの音楽活動50周年ライブでした。
大勢の中でおどおどしている僕を気遣って
とてもリラックスさせてくださいました。

とはいえこの方、泣く子も黙るマエストロ。
豪快絢爛なフレーズから繊細なドルチシモまで、
サックスからありとあらゆる感情が奔り出ます。

一度、お願いしてエル・チョクロさんで
鬼怒さん、ベースの西島さんを入れて「ボサ・ノバ・ナイト」を
させていただいたのですが、
その時もすごかった〜〜〜 !!

今でも店主Iさんから、「またやって〜〜〜!!」
とせがまれます。


こんなお二人に
がっつりお誘いいただけるなんて
まるで夢のようですが、
僕の、
JAZZが大好きな部分、と
JAZZギタリストではない部分、
をうまく働かせ融合させて、
お二人のサウンド空間を彩るサポートをさせていただけたら、
と、気負いすぎないように一生懸命です。

こちらはお二人によるPR動画。




なお、ご予約はこちらのメールでも受け付けております。

daisukesuzukiticket@outlook.jp

どうぞよろしくお願いします!!

























この記事へのコメント

この記事へのトラックバック