ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS YAMAHAさんでお打ち合わせ

<<   作成日時 : 2018/10/29 22:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日は3日の葛城北の丸での試聴&コンサートの打ち合わせのため
YAMAHAのオーディオ試聴室へ。

こちらのイベント↓
https://member1.jp.yamaha.com/event/detail/id=20497
で使用するオーディオ・システムと同じもので
色々なCDを聞かせていただきました。


オーディオ担当のKさんが持っていてくださった
僕のアルバム「森のなかで」を聴いてみると、
それぞれの楽器の鳴り方や音色の違い、
そして右手のタッチのニュアンスがとても鮮明に再現されます。
聴いたことのない自分のアルバムの音でした。
正直、モニター時にもここまでのシステムでは聴けませんからねぇ。。。


そしてそのあと、
持参したピアソラの「タンゴ・ゼロ・アワー」を試聴。
最初のがやがやと声の重なるところが、
まるで映画のワンシーンのように再現されます。

今日のスピーカーは
YAMAHAさんのフラッグシップモデルで、
ピアノと同じ工場で仕上げをしているそうです。
なので、表面の仕上がりもピアノと同じでピカピカ。

画像


ならば、
ということで、キース・ジャレット・トリオの「サムウェア」を試聴。
これはびっくり!!
冒頭の「ソーラー」のキースのソロのところ、
まるでピアノの前で聴いているみたいなんです!!

続いて持参したミケランジェリのドビュッシーにも、
タッチが時折思いの外無骨なニュアンスだったり、
神業のような音色の変化がつぶさに聴き取れました。


乱暴なこと言いますけど、
ピアノを置ける部屋にピアノを買って弾ける人を連れてきたり自分で練習したりすることなく、
このシステムがあればこれだけのピアノの音が聴けるんだ!
と、真剣に貯金しようと思ってしまいました。


現地ではアンスネスやツィメルマンのピアノ、
ハービー・ハンコックの「ガーシュウィン・ワールド」なんかも
聴いてみようかと画策中。

あ、ピアノばっかりにならないように
古楽器関係や、

驚きの自分の音源(初公開)も持って行きますよ。

こちらはプリアンプとパワー・アンプ。
お金が欲しい〜〜〜

画像

画像



あ、もちろん試聴とともに生演奏もします。
試聴に夢中になりすぎないよう頑張ります〜〜〜





















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
YAMAHAさんでお打ち合わせ ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる