ハープの仕組み

篠崎史子さんのお宅にお邪魔して、
ハープの仕組みや、楽譜の書き方を教えていただきました。


10月22日にオペラシティで開催される、
篠崎史子さんの
「ハープの個展 40周年記念」の演奏会のために、

武満さんの映画音楽をいくつか編曲します。

ハープを2台、という指定があり、
自分も出演させていただきます。


コンサートの内容に関しては、
ゆくゆくお知らせしていきますが、


とにもかくにも、

ギター弾くだけじゃないので

あらためてハープの勉強をしようと思い
お宅までうかがっていろいろ教えていただきました。


武満さんの書いたものはもちろん、

ドビュッシーやラヴェル、フォーレ、
そしてヒナステラまで、

いろいろな作品を見て、

なんと隣で演奏していただきながら(!!)

いろいろなハープの可能性に触れることができた
至福の時でした。


6日のコンサートが終わったら

しばらくハープのことが頭の中の大部分をしめそうな・・・・

いや、

荒川くんのソナタもしっかりみないと・・・・



嬉しい悲鳴です。

この記事へのコメント

りえ
2012年07月02日 02:13
25日聴きに行きます。

楽しみにしています!
天空仙人
2012年07月02日 12:14
10月は誕生日だ。武満やってくれるんですか!
ma_ko
2012年07月02日 21:41
私も誕生月。
イベントが盛りだくさんで。オペラシティ予定に入れておきます。
武満もいいけど、フォーレ

この記事へのトラックバック