うしろをむくのもわるくない

今日の東京は暑かったです。
初夏の陽気です。

鬼怒さんとのリハーサルで、
今回のテーマにそってお互いが選曲した中で、
僕は「You Must Believe in Spring」という曲を
選んでみました。

子供の頃、
家にあったビル・エヴァンスのディスクで聴いたのが
鮮烈に記憶に残っていたんです。
中学生とか高校生とか、多感な頃に聴いた音楽って言うのは、
センティメンタルな部分がクローズ・アップされて覚えてますね。
普通は若い頃聴いた曲って言うのは、
「夢のカリフォルニア」とか、「ホテル・カリフォルニア」とか
(別にカリフォルニアにこだわってません)
サザンとか、プリンセス・プリンセスとか、
そういう感じなのだと思いますが、
ませガキ大介はそういう感じで、
この「You Must Believe in Spring」だったり、
ピアソラの「天使のミロンガ」だったり、
ショパンの「舟歌」だったのだと思います。

で、鬼怒さんと二人で弾いてみたら、
なかなか楽しくって、それがきっかけで
昔聴いていた音楽をいろいろ探して聴いてみようとしたら、
なんでか知らないけど意外と手元にないのです。

で、ふと考えたら、
タワーレコードで、今日からセールやってて、
ビル・エヴァンスがお買い得になってました。
ラッキー。
ついでにジム・ホールのアランフェス協奏曲も
1000円で買えました。

これからおもむろに少年時代の感傷に浸りたいと思います。
うひゃひゃ。

この記事へのコメント

oyoyo
2009年05月11日 00:08
渋い中学生(高校生)でしたね!
ビル・エバンスとは!恐れ入りました。
子どもの頃から自分のにあるものって影響ありますよね!
私の場合は、母の歌かな?
声楽の勉強をしていた人ではないのですが、いろんな歌を知ってて、子どもの頃聴いた「魔王」は子供心に怖くて、おもしろくて。よく歌ってもらいました。

ジャズといえば、エロールガーナーの「コンサートバイザシー」というアルバムが好きです!
ここ
2009年05月11日 13:13
私の両親は大の演歌好きです芸術に関して何らかの影響を受けた記憶は残念ながらありませんなんで弦楽器が好きかしら??

この記事へのトラックバック