ソフィスティケイティッド・レイディー

11月15日のコンサートに向けての、
最終的な編曲が出来上がりました。
もちろん、悩みに悩んだ「アディオス・ノニーノ」も、
ばっちりアレンジできてますよ。

今日の主な課題は、
ビートルズの3曲。
香津美さんがいつも弾いている「If I Fell」
それから「Imagine」「Let It Be」。

名曲ぞろいです。
でも、3曲とも3様のアレンジに仕上がり、
ひょっとして、ちょっと泣けるかも~(ToT)な感じです。

「Imagine」は、
テーマが深いから、祈るような音楽にしたかったのです。
音は少なくて、少しずつ、少しずつ
紡ぎだされていく「祈り」。
同時に、アジアな雰囲気も出ています。
一方の「Let It Be」は、
バロック風、そしてフォーク・ロック風な、
熱い感じです。これもきっと気に入っていただけると思います。

「これで全曲でそろったよね・・・」
「いや、香津美さん、もう一曲あるんですよ。」

そう言って楽譜を見せたのが、
デューク・エリントンの「Sophisticated Lady」。

香津美さん、驚いたのもつかの間、
瞬時にすごくかっこいいフェイクとコード・チェンジを考えだしてくれて、
まるでバンドのような厚みのある響きが2本のギターから出てきました。
名曲ですし、ギターにもすごく良くあいます。
「ソフィスティケイティッド・レイディー」。
自分の中では、ちょっとブームになりつつあります。

問題は、
タイトルを口にする度、舌かみそうになること・・・
練習せねば。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月02日 03:28
「ソフィスティケイティッド・レイディー」。
本当だ!
頭の中で読み上げるのと、声に出すのでは大違い(笑)

今日,99年のオペラシティでのコンサートのファイルを読み直していました。チケットや感想の綴りやパンフを・・・・。
当時のチケットに、ドキッとしました。
11/15。奇しくも、99年と同じ席で大介さんの音色を聴くのです。こんなことって、あるだなぁ・・・・。
ドキッが、ドキドキに移ってゆきました。ますます楽しみ!!
泣きのバスタオルを持ってゆくわけには行かないけれど、マスカラはしないで伺いますね(^^)/
2006年11月03日 12:38
そ、それは!!
すごい偶然ですね。いい兆候です。
2006年11月08日 00:36
わっ(・0・)コメントが!
ありがとう!うれしい!

ほんと すごい偶然でしょ!
この席をセレクトしてくれた,チケット売り場のお姉さんに感謝。
99'のチケット。ジーンズのポケットに入れて聴いていたので、実はシワシワ。
この しわしわチケットを手アイロンで伸ばして大事にとっていたのは、この日のはっぴぃの為なんだわっ・・・とか、夜中に一人 感激してしまったの。
とても!いい兆候です!!
あとは、当日、残業蹴飛ばしてダッシュで会場に向かうのみ(笑)です。

風が強く冷え込んできました。
風邪などお召しになりませんように。(あっ、私もね!)

この記事へのトラックバック