ソロ・ピアノ

知り合いにソロ・ピアノのお勧めのCDを
斡旋してください、と言われて真剣に、
うそです。かなりいい加減に考えました。

ついでなので発表します。
1.Herbie Hancock :The Piano
2.Mercus Roberts :Prayer For Peace
3.Thelonious Monk :Monk Alone
4.Keith Jarrett:The Melody at Night,With You
5.John Lewis:Evolution
6.Samson Francois:Ravel Oevres pour Piano
7.Peter Serkin:Plays The Music of Toru Takemitsu
8.Yvonne Loriod:Olivier Messiaen Vingt Regards sur L'Enfant Jesus(1956年版)
9.Federico Mompou:Mompou Plays Mompou
10.Pierre Laurent Aimard:Ravel Gaspard de la Nuit Carter Night Fantasies etc.

キースはどれもいいし、「ステアケイス」なんかもお勧めですが・・・
4は定番中の定番ですよね。
マーカス・ロバーツはどれもすごく良いのだけれど
一番気楽に聴けるのが2。最近どうしてるんだろ。
3は有名な「Solo Monk」をベースに、
未発表テイクを含む、コロンビアにおけるソロ集。
このなかの「ラウンド・ミッドナイト」が良いです。
5は最晩年のものですが、まったく無駄がなく、
すごく考え抜かれています。
ハービーは、ようするに何でも素晴らしいんですが、
この演奏と、それから「The other side of 'Round Midnight」
の中の、ソロ・ピアノの「ラウンド・ミッドナイト」、
番外編として「Gershwin 's World」のなかの
ラヴェルのP協奏曲の2楽章、を聴かずして、
ハービーのピアノは語れません。

クラシック部門は、ほんとはアファナシエフのベートーベンやブラームス、
ソフロニツキーのスクリャービンなんかも入れたいところだけど、
そうするとまた別の話になってくるので、それはまた別の機会に・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック