指つり事件と仲間たち

コンサートにいらしてくださった皆さん、
ほんとうにありがとうございました。
CDを買ってくださった皆さんも
ありがとうございました。

いつかやってみたかったプログラム、
ギターのコンサートで、後半が
大きな曲2曲だけって言うのは、
あまりないですもんね。
お客様にも、いつも以上の集中力で
聴いていただいて、嬉しかったです。
こういうプログラムができるのが、
ギターエラボレーションのいいところだと思います。

昨日はリハーサルも記録して、
本番もあわせて2回通しで弾いたのですが、
さすがに本番のアンコールでは、
セーハのたびに左指がつって(!?)
ポジション変えるごとに
カキッカキッってなりました。
焦った。。

その後、見に来てくれた
近藤嘉宏くんや大萩くん、
荒川くん、西村くん、山尾さんと水永さんたちと、
ご飯を食べました。
いずれメディア・カームのHPで写真を
公開します。

この記事へのコメント

KS
2005年09月18日 23:29
コンサートの前に神田明神に、お参りしたので、雨男から、お祭り男になれました。プログラムの曲目、曲順ともに、私は好感を持ちました。バッハと並んでも、遜色のない武満徹さんの作品は、素晴らしいですね、改めて偉大さを感じました。コンサートは、鈴木さんの人柄も伝わってくる演奏が、良かったです。まだ余韻が残っています。ありがとうございました。ぜひ、次回も行きたいと思います。
tokunaga
2005年09月19日 01:47
お疲れさんでした。お見事!パチパチパチ。

この記事へのトラックバック