小説家を見つけたら

ブランドンのコスチューム・バンドに参加している、
トランぺッターのロン・マイルスさんの音、
どっかで聴いたことがあるな~と思っていたら、
大好きな映画「小説家を見つけたら」のサントラで
ビル・フリゼルと一緒に演奏している人でした。

というよりもフリゼルの「blue dream」というアルバムの
珠玉のオープニングも彼なのですね。
昨年もそうだったけど、ライヴだと
より解放されたプレイで、圧巻です。

ちなみに、「小説家を見つけたら」のエンディングの、
イズレエル・カマカヴィヴォオレの「Over The Rainbow~What A Wanderful World」は、
「ジョー・ブラックをよろしく」でも使われていましたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック