ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 昼寝だってしたい

<<   作成日時 : 2017/10/10 01:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近の練習メニュー。

@基礎練習

A11月25日に芸大で弾くロドリーゴの「3つのスペイン風小品」の練習

B12月8日に初演する酒井健治さんの「エーテル幻想」を
弾き進めて、こんな感じでしょうか的確認のための動画を撮って送る。

C19日のディアンス・ナイトのディアンスの編曲作品の練習

D19日の浜松でのリサイタルのプログラムの練習


だいたいこんな具合。


@はルーティーンなので映画とかニュースとか見ながらだらだらやってます。
(師匠のように音を消して、なんて丁寧なことはしません。ただ、
自分が弾いているので字幕があるものの方が良いのは事実。)

Aは基礎練習の延長線上のような・・・
大学生の時以来弾いていないので、丁寧にやっております。

Bはすごく楽しい。
ザーッと読んでいた時と違い、細かな運指を考えながら
弾き進めると、あッと驚く発見や、作品の内部構造の緻密さがわかってきて、
さらに驚き、夢中になります。

ただし、さんざんさらってイメージ的に違うようなことは避けたいから
遮二無二あるかたまりを限りなく今の段階で実際の速度やダイナミクスを考慮して
弾いてみる必要があります。
それで、その方向で、とイメージが決まれば、
あとは細かなパーツに分解して一個一個が脱力して弾けるように
冷静に練習。

それにしても本当に、
リズム構造、モチーフの発展、調弦、すべてがとても数学的にうまくできているので、
なおさら最初に決める運指や弦選びがたいせつ。


実は、Bが煮詰まるとCやDを挿入しているので、
このB〜Dは同時進行。
あとはその日どれくらい集中力と時間があるかによります。



〇〇小節目から××小節目ってこんな感じすかね〜〜??

と言う僕からのストーカーのような毎度のメールに丁寧にご返信くださる酒井さんに感謝。

これ、相手が女子だったら誤解されるレベルだから
もうちょっと遠慮するよな〜、きっと。。。。。

あ、そういうのよくないんですけどね・・・。
やっぱそういう考えもおこりますよね。
これだけ頻繁だと・・・・(- -;)


Cはもういろんなとこで弾いてるけどやはり楽譜に忠実になろうとすると
終わりがなくなるディアンス編です。
こうごきたい。


Dはリベルタンゴのアレンジがブラッシュアップされて今回は
相当良い感じになっております。

ちなみに今回浜松プロは

バッハ:前奏曲とロンド風ガヴォットBWV1006
グラナドス:スペイン舞曲第5番 アンダルーサ
タレガ:アルハンブラ宮殿の思い出
バリオス:大聖堂
ヴィラ=ロボス:ガヴォット・ショーロ
ヴィラ=ロボス:ショーロスNo.1
ジョビン:イパネマの娘
ピアソラ:リベルタンゴ

弾くのが大好きな曲ばかりなので
これは練習というよりは息抜きに弾いてるのかも。


















































テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昼寝だってしたい ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる