ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS リハーサルと門前の手習いだった

<<   作成日時 : 2017/03/31 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は吉野弘志さんとリハーサルしました。

まだどの曲をやるのか、
全部やるのか決めてませんが
今日の覚書き。

吉野さんが持ってきてくださった吉野さんの曲。
「竹」というシンプルなタイトルですが
構成のしっかりしたインドネシア風の大作です。

僕はガムランとかインドネシア・ジャズ大好きですし、
パネさんの書いてくださった「織りなす魔法の踊り」の
体験もうまく作用して、この曲に向いてるかも。自画自賛。

それからオーネット・コールマンの「Mary Hartman,Mary Hartman」。
吉野さんのチョイス、素敵です。

そして「ウィッチ・タイト」。

この曲は鬼怒さんもお好きな曲ですが、
もともとは、ジャズ・サックス奏者の井上淑彦さんがとてもおすすめだった曲で、
僕が尊敬しているジャズ・ギタリストの田口悌治さんも井上さんと録音されています。
ちなみに、2015年にご逝去されてしまいましたが
井上さんは高校の先輩です。

そしてチャーリー・ヘイデンの
「Waltz for Ruth」
これはパット・メセニーとヘイデンの名演で昔からよく聞いていた曲なので、
演奏できてとてもうれしいし、緊張もします。。


僕もヘイデン曲とオーネット曲は一曲ずつリクエストしました。
ヘイデンはど真ん中で本当にミーハー丸出しの「First Song」

これは昔、スタン・ゲッツの最後の公演のCDを
擦り切れるかと思えてくるほどよく聞きました。
なので、後のパット・メセニーとヘイデンのバージョンや
ジスモンチとヘイデンのバージョンより、そっちの印象が強いでしょうか。
でも、最近になって、ジム・ホールがヘイデンとライヴでやっているのを聞いて、
さらに好きになりました。
ちなみに、吉野さんも初めて弾くそうです(!! )これはすごいことだ。

オーネットの曲は「The Good Life」。
僕はジャズ・ギターそんなに詳しくないので、
やはりベースとデュオでやろうとすると
ほぼジム・ホールとパット・メセニーの影響下にどっぷり浸ってますね。
ま、オリジナリティは徐々に開発するとして、
まずは先人に学ぶ姿勢です。


スタンダード・ナンバーは
「Secret Love」と「God Bless the Child」をやってみました。
「Secret Love」はジム・ホールの東京ライヴの名演があります。
キーはA♭で、吉野さんはいつもジャズの巨匠中牟礼貞則先生と
一緒に演奏しているそうですが、
今回は無理を言って半音上げて武満さんの編曲と同じキーにしていただきました。
「God Bless〜」は、いっぱいいい演奏があって
何も僕が弾くことないのかもしれないんだけど、
この間、1978年くらいのレッド・ミッチェルとジム・ホールのライヴのCD見つけて、
かっこよかったのでお願いしてしまいした。
ミーハーか!というお叱りは私個人で甘んじてお受けいたします。ごめんなさい。
これに、ボサノヴァの
「Wave」「How Insensitive」「Estate」なんかの中から
何曲か演奏すると思います。

ところで、僕が学生の頃、
ラリー・コリエルとニールス・ペデルセンが
デュオでビル・エヴァンスとスコット・ラファロにトリビュートした
スタンダードばっか弾いてる
「カルテット」という
ややこしいタイトルのアルバムがありました。

そっちも参考にしたかったのですが
今回は手が回りませんでした。
でも、「How Insensitive」なんかは
パット・マルティーノもパット・メセニーも弾いているけど
実はラリー・コリエルとエミリー・レムラーのデュオで聞いたのが最初で、
相当影響されました。
ラリー・コリエルさんが亡くなってしまってとても悲しいです。


さて、僕の自作曲は
鬼怒さんといつも演奏している、
そして先日吉野さんも参加してくださった
「Half of Smile in your Life」と、

昔懐かしの(ま、自分の中で、だけですが。)
「Snow Apple,or Waiting」

これは久しぶりに弾きます。
昔、現代ギターに載せた楽譜を、
YouTubeで上手に弾いてくださっている人がいて
びっくりしました。

それから、「Etudes」の中から
「The River」
これは吉野さん大フィーチャーでまいります。


結局僕のわがままで、
僕が憧れている音楽を
僕なりに一生懸命弾いていく感じなんですが、
それを大きく受けとめて、
ものすごい分厚いサウンドで彩ってくださる吉野さんとの至福の時間。
本当に最高です。

































テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リハーサルと門前の手習いだった ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる