ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2005年の自分に

<<   作成日時 : 2015/05/13 01:24   >>

トラックバック 0 / コメント 1

台風です。
なんだか年々台風の来る時期が早まっていて、
僕のような自称(あんまり良くない意味での)
“リゾート・ダイバー”などは、
どこを選んで南の島に行って良いものやら、
もはやギャンブルでしかありません。


明日の東京は台風一過で真夏日、
夜はノー残業デーですから
ちまたのバーなどは大賑わいではないかと思われますが、
明後日の夜は
鬼怒さんと代官山の「山羊に聞く?」で
The DUOのライヴがあります。


このごろは鬼怒さんとは
互いのオリジナルばかりでプログラミングして
演奏することが多くなってきています。
何度も演奏するうちに、
何度目かのお客様が曲を憶えていてくれたりして、
とても嬉しいです。


鬼怒さんと僕とでは
書く曲の個性が180度違いますので
並べてみると山あり谷あり、
晴れあり嵐ありで、激しい変化がつくようになってきました。


このBlog、2005年の3月から書いてるみたいなんで、
今年は11年目に入っていまして、
2005年の今日くらいはどうも
「カタロニア讃歌」を録音していたようです。

当時はほぼ毎日日記みたいにBlog書いていたから、
何やってたのかよくわかっていいですね。

14日はどうもベルウッドの松原君のCDの録音に行っていたっぽい。
ヒーリング・ミュージック、みたいな分野の音楽の
スタジオの仕事がさせてもらえるようになって、
うわぁ、楽しいな〜、クラシックとまた違う喜びだなぁ、
なんて盛り上がっていた頃です。

その頃の自分に、
今の自分は全く想像できていませんね。
こうなっていると知ったらなんて言うだろうか???



アランフェス弾いてリサイタルやって次の公演が
鬼怒さんとのオリジナル作品ライヴ、
次の週がタンゴのデュオと
カステルヌオーヴォ=テデスコの平均律全曲、
ですからねぇ。。。。



その頃漠然と、
普通のクラシック・ギタリストなだけではいけないな、
と考えてはいたけれど、そうは言っても
まったく想像できなかった未来に生きているんですね。
ありがたいことです。




ひとつだけ変わっていないなと思うのは、
その頃の自分が今の自分の演奏を聴いたら、
納得してくれるようなサウンドや技術になってきている、
ってことかなぁ。
「こういう音を出すギタリストになりたい」っていうイメージだけは
ぶれなかった気がします。

その間ずいぶん回り道な感じで試行錯誤しましたが、
今日だけぽかっと一息つけて、
しみじみ、あ、けっこう思ってた通りになったじゃん、
と、これは自画自賛じゃなくて(なぜならまだまだ満足には足りてない)
どっちかというと安堵した気持ちになれました。



と、いうわけで、
こうなるはずだった僕のギターで、
ぜんぜんそのつもりじゃなかったけど書き溜めてしまった
自分のオリジナル作品を
2005年の自分に聴かせることができたらなぁ~~~
と、強く念じて明後日は弾こうと思いますので、
みなさんも一緒にタイムスリップしにいらしてください。。






























テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ぶれない思いに(涙)
これからもブログ楽しみに読ませて頂きます。
JUN
2015/05/17 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
2005年の自分に ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる