ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS レコーディングに行ってきた

<<   作成日時 : 2015/04/05 00:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今週は2日かけて自分のアルバムの収録。

ここ数年、
ピアソラのアルバム以降、
純粋なクラシック作品ではなくて、
キネマ楽園と古部くんとのデュオなどは、
自宅からそれほど遠くないスタジオで
マイペースで収録しています。

今回は曲数が多いのですが、
短い曲が多く、編集に時間がかからないため
2日間でとりあえず全曲をひととおり録音。

もしどうしてもの場合は
もう一日スタジオで手直しします。

何を収録したかをお知らせしたいのですが、
実は収録しすぎて全曲アルバムに収まるかどうかわからず、
テイクを聞いて並べてからにしますのでもう少しお待ちを。


自宅から近いこともあって、
欲が出て今回使用したギターは何と5本。


フレタと今井さん3種類、
そして少し改良を加えたYAMAHA。

フレタは、今回、スペシャル・アルバムなので
超有名曲の再録があり、それに使いました。
あと、フレタはヴァイオリンも製作していましたので、
弦楽器的な味わいが欲しいものにも使っています。

今井さんは、
2000年、最初に作っていただいた大介モデルの1号機が
とても良い状態になってきているので、主にそれを使いました。
このギターは横と裏がとても硬質なハカランダなので、
熟成に年月がかかっていたみたいです。

キネマ楽園の1枚目にも使用した
横裏がメープルの2006年3号機は
半音下げたチューニングにして使いました。
これは楽曲の雰囲気やキーが、
半音下げてチューニングした方が良さそうなものに使っています。

2010年の4号機は、
サバレスのピンクラベルの高音弦を張りました。
すごく昔のギターの雰囲気が出ています。
チューニングはたいへんだったけど(汗)、
ま、それが微妙な“味”にもなるんですけどね。


そして、
先月からYAMAHAのGC82Sのネックに
少しRをつけてもらう改良をしてもらっていまして、
録音数日前に出来上がってきたので
使用しました。
安定感が抜群でした。


それぞれの楽器の魅力が出ていて、
アルバムの色彩感がとても増やせたと思います。





















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レコーディングに行ってきた ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる