ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 寺嶋陸也さんの「エグローグ」

<<   作成日時 : 2014/10/09 22:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「エグローグ」とは「牧歌」の意味です。


1999年、
音楽評論の小沼純一さんのプロデュースで、
アサヒビールさんによって5人の作曲家に
ピアノとギターのための作品が委嘱されました。

その時の詳細はこちらでご覧いただけます。
http://www.asahibeer.co.jp/news/1999/1022.html



寺嶋さんのこの「エグローグ」の面白い点は、
最初のページ、
ピアノとギターがまったく別々の譜面を
お互いを聴き合いながらそれぞれの間合いで
別個に演奏しているのです。

その後、
とてもアンニュイな
乾いた空気の部屋に
少し弛んだ水道の蛇口から水の滴り落ちる音が
どこからともへと聞こえてくるような
ピアノのつま弾きに乗せて、
ギターが、まったく時間軸の違うように聞こえる
しなやかなフレーズを弾いてゆきます。

やがてふたつの楽器は
完全にお互いの音色を対比させる
呼応の間柄となりますが、
最後のパートで
ギターはメロウで同時に緊張度の高い
アルペジョを伴うメロディになり、
ピアノはその周り
(ほんとうに周りを取り囲むように)
大きく雄大なランドスケープを描くのです。


二つの楽器の物語は、
寺嶋さんが冗談めかして、
あるジャズ・スタンダードのナンバーの引用にも聞こえる、
と言われていたフレーズに帰結し、
短い回想と終結部が続きます。


モダン・アートのようでもあり、
しっかりと呼吸の聞こえる静物画のようでもあるこの作品。


演奏のたびに、
寺嶋さんに心から感謝したくなる作品です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寺嶋陸也さんの「エグローグ」 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる