ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 香取良彦さんの「ピアノとギターのための二重奏曲」

<<   作成日時 : 2014/10/13 22:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

香取良彦さんは、
ジャズを中心に演奏されるヴィブラフォン奏者で、
ビッグバンドなども編成される作曲家としても
活躍されています。


この「二重奏曲」は、
ピアノがとてもゴージャズな役割をつとめる作品で、
僕が学生の頃に親しんでいた
80年代~90年のコンテンポラリー・ジャズの雰囲気と、
演奏されるために構築された作品としての両面を兼ね備えています。


ギターパートは、
ベースのチョッパー奏法が出てきたり、
ピアノのソロの下でグルーヴを作ったりします。
ユニゾンのフレーズも難しいですが
決まるととってもかっこいい。


昔、
渡辺香津美さんの「アストラル・フレイクス」や、
チック・コリアの「ルミネーション」、
それにヴォルフガング・ムースピールの作品などと
この曲で、一枚アルバムを作ろうとしていて
途中でそのままになっちゃったんですが、
これらの作品に囲まれても
比肩しうる、いや、目玉になり得るくらい、
素晴らしい作品です。


これは、説明するより
聴いてもらって
「かっこいいでしょ?」って言うしかない感じですね〜


ちなみに、
現在香取さんは洗足音大ジャズ科の先生をされていますが、
昨年のトリオのコンサートの模様はこちら。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香取良彦さんの「ピアノとギターのための二重奏曲」 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる