ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS シャコンヌ

<<   作成日時 : 2014/09/24 16:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

思えば初めて弾いてみたのが
18くらいのときじゃないかと思うので
もう四半世紀。

その時々で
自分の考えが変わるので、
ヴァイオリンの譜面をそのまま弾いてみたり、
セゴビア編をそのまま弾いてみたり、
それらを折衷させてみたり。

BWV1004のパルティータも
まるごと弾いたりしていたこともあります。


結局、レコーディングや編曲譜の出版でもない限り、
自分のなかで一応の決着を見ることはないくらい、
バッハの作品には無限のリアライズの可能性がありますね。

なので、
今回アルバムに収録したのは
現時点での自分なりの演奏、ということで、
実際、今コンサートのために練習していると
またちょっと違った感じになっています。

たしか21くらいの時に、
ルーテル市ヶ谷だったでしょうか、コンサートで弾いて、
その時の録音をエリオットに送って
留学が決まったのでした。

その後、
99年の武満メモリアルでの演奏会で
パルティータまるごと弾きました。

その後も、
天羽さんとのツアーでソロコーナーで突然弾いてみたり、
時々弾いているんですが、
弾くのも聞くのも、
一時少し遠ざかっていたことがあります。

なんでしょう、
一時期夢中になってやりすぎたからでしょうか。

ここ数年、また勉強を続けてみて、
これなら一生つきあっていられるなあ、という、
なんというか、
重くなりすぎない関係に落ち着きました。

あ、シャコンヌと僕の関係ですよ。


ちなみにこの頃は録音も新しいのを見つけると
よく聞くようになりました。

一番聴くのは2回目のギドン・クレーメルですが、
最近のお気に入りは
Amandine Beyer アマンディーヌ・ベイエさんという人の録音かなぁ。


週末にコンサートで弾くけど、
三鷹の風のホール、は、僕の父の葬儀の日に演奏会をしたという、
すごい想い出のある場所。

その時も確かバッハだったので、
今回もとても楽しみにしています。





キネマ楽園VI Baroque
ベルウッドレコード
2014-09-24
鈴木大介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キネマ楽園VI Baroque の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャコンヌ ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる