ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS キネマ楽園Y “Baroque”の録音

<<   作成日時 : 2014/07/16 10:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

キューバから帰ってすぐ、
7月9日から11日にかけて、
キネマ楽園の第6作を録音しました。

第6作は“Baroque”というサブタイトルで、
バロック作品を中心にしたレパートリーが収録されています。

中心にした、
というのは、
バロック作品だと思って子供の頃から親しんできた

「アルビノーニのアダージョ」

や、

バッハとはいえカール・フィリップ・エマヌエルだと判明した
フルート・ソナタBWV1013からの

「シシリアーノ」

も収録されています。


そして「ツリー・オブ・ライフ」という映画に使用された楽曲として
本編中でもギターで演奏される
クープランの

「神秘の障壁」

以外に、
生命の系譜を幻想的かつ私的に綴った映画の内容にも
相応しいと考えて、

レスピーギが編曲した16世紀の舞曲集のなかの一曲

「シシリアーナ」

もギターで演奏しました。


もりだくさんな内容ですが、
以前からこのように

いいとこ取り、のバロック作品集に興味があり、

とは言え、
ライヴならまだしも、CDにまでして発表するのに
そういうプログラムだと
安易なリサイタル盤になってしまう可能性もあり、

「キネマ楽園」という枠組みを逆手にとって、
いわゆる「ファミリー・クラシック」の中で聞かれるような
バロック作品を取り混ぜて録音しようと思いました。

映画へのトリビュート作品としても、
今回のアルバムに選ばれた映画は
映画ファンに好まれる「通向け」のものが
かなり入っていて、
見応えのある映画にはバロック音楽が似合うのかも、
とさえ思われてきます。

バロック音楽は
ザルツブルグで留学中に取り組んだ
中心的な課題ですので、
自分にとってはとても大切に感じている分野。

それだけに慎重になりすぎて
録音までに時間がかかってしまったのですが
これを機会にどんどんレパートリーの中心に取り入れていこうと思います。


なお、収録された曲は以下のとおり。
ここからの抜粋になりますが、
極力たくさん、

2枚組(!!)

でのお届けとなります。

共演の松尾俊介くんも
ブラビッシモです。

どうぞお楽しみに!!!


画像
画像
画像


録音した曲

バッハ:シャコンヌ 「無伴奏シャコンヌ」
バッハ:プレリュード 「路上のソリスト」
バッハ(ラッセル編):G線上のアリア 「セブン」
バッハ:我汝に呼ばわる、主キリストよ BWV639 「惑星ソラリス」
バッハ:古き年は過ぎ去りぬ BWV614 「鏡」
バッハ(ラッセル編):アリオーソ BWV1056 「潜水服は蝶の夢を見る」
バッハ(ラッセル編)) :シンフォニアBWV788 「こわれゆく世界のなかで」
ヘンデル:サラバンド 「バリー・リンドン」
スカルラッティ:ソナタK.213 「マリー・アントワネット」
スカルラッティ:ソナタK.544 「ボヴァリー夫人」
スカルラッティ:ソナタK.263 「僕のピアノ・コンチェルト」
マルチェロ〜バッハ:アダージョ 「ソフィアの夜明け」
パーセル:新しいグラウンド 「恋の闇 愛の光」
グルック:精霊の踊り 「オルフェ」
ギアゾット:アルビノーニのアダージョ 「審判」
クープラン:神秘のバリケード 「ツリー・オブ・ライフ」
オットリーノ・レスピーギ : シチリアーナ 「ツリー・オブ・ライフ」


松尾俊介くんとのデュオ

ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲 「クレイマー、クレイマー」
バッハ:イタリア協奏曲BWV971  「リプリー」「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記」「きらきらひかる」
バッハ:シチリアーノ 「奇跡の海」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
9月にはもう店頭に並ぶのではないかという情報あり。楽しみです〜!
天空仙人
2014/07/17 06:35
新譜、大変楽しみです。
前作発売時にはインストアイベントはありませんでしたが、今回は開催されると、うれしいです。
かもみっら
2014/07/27 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
キネマ楽園Y “Baroque”の録音 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる