ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 形が見えてくる

<<   作成日時 : 2013/12/03 18:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

少しだけ、
西村朗さん、猿谷紀郎さんの新作の
音楽的な全容が見えてきました。

ちょっとずつちょっとずつ、
霧が晴れていくようにではありますが。


朗さんの曲は、
ちょっとそれでもまだフルートと一緒になるとどうなるのか
未知の部分もあります。

なにしろこちらがずーっとボトルネックでうわんうわんいっているので、
どこといってハーモニーが形作られる場所があるのかないのか、
楽譜からの視覚情報では何とも言えないのです。

ただし、
朗さんのオーケストラ作品などに聴かれる、
「ヘテロフォニー」という概念は、
今回の「薔薇色の谷」という曲での
ギターの扱いにおいて、非常に大きな効果を発揮している、
という気はします。


ボトルネックで弾いていますが
それぞれの場所のピッチは
ちょっと忙しいくらいに指定してありますので、
自分がそれぞれのポジションを行き来するなかで
聞こえる音に慣れる、作業がもう少し必要です。

そうじゃないと出鱈目に弾いているように聞こえてしまうかも。



猿谷さんの曲は、
見事にプログレッシブです。

ギターのフレーズはフュージョン系の音楽が好きな人には
たまらないんではなかろうか。。。

難しいけど。

でも、猿谷さんの意図するところがわかってきたので、
適宜音を簡略化したり、ハーモニーを作ったりすることが
できるようになってきて、
今日はみるみる「かっこいい音楽」になってきてます。

猿谷さんの譜面は、
いつも、これちょっと不可能、くらいたくさん音が書いてあって、
僕がそれをなんとか間引いたり要約したりして
猿谷さんが「それでいい」というかたちにして演奏しているのですが、
今回の「ゆふつづのささめき」は、
その後出版されますので、
きちんと誰もが楽しめるところまで追い込みたいのです。

若干、作曲家Sとの綱引きになることは想定されますが・・・・・

これフルートどうなってんのかなぁ。
フルートの特殊奏法のところのピッチがいまいちわかりません。。。

明日の初リハーサルが楽しみです。



ところで、
チラシ上の順番と演奏順は違います。

当日は猿谷さんの曲が一曲めになりますので、
お気をつけください〜。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
形が見えてくる ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる