ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS どの曲は誰が弾くんだ!?解説

<<   作成日時 : 2013/09/18 00:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

週末に迫って来た
八ヶ岳高原音楽堂でのコンサート。

大萩君と奏一君とのトリオで、
ギターの名曲、映画音楽の名曲を
ご堪能いただきます。

当初、自分では
クラシック音楽の名曲プログラム、のようなものを
考えていたのですが、
武満徹さんゆかりの八ヶ岳高原音楽堂だけに、
「武満さんの映画音楽を交えたプログラムを」
とのご要望をいただき、
それならば、と、
名曲プロと映画音楽プロを合体させて、
いいとこどりのプログラムにしてみました。


で、ざっと見たら、誰がどの曲を弾くのか、
わかりませんね。
そこで解説。


◎ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲  (映画:「クレイマー・クレイマー」より)

オープニングのご挨拶なのでトリオで弾きます。
奏一君がソロ・パート、やっさんと僕が
もとのオーケストラ・パートに、
古楽の通奏低音風な自由な対旋律を足して
自由なやりとりで盛り上がります。

 
◎モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス (映画:ニュー・シネマ・パラダイスより)

僕のアレンジですが、大萩君と奏一くんのデュオ。
アレンジャー冥利とはこのことか・・・。

 
◎ピアソラ:リベルタンゴ  (映画:「タンゴレッスン」より) 

これは康司君と僕。
ふたりで開発したバージョンと言って過言ではないのです。


◎バカロフ:イル・ポスティーノ  (映画:「イル・ポスティーノ」より) 

奏一君と僕のデュオ。


◎バカラック(鬼怒無月編):「雨にぬれても」 (映画:「明日に向かって撃て」より)

僕たちのために鬼怒さんがアレンジしてくれたトリオ編曲。
全員のアドリブ風のソロが華やかです。


◎ニーノ・ロータ:アマルコルド (映画:「アマルコルド」より)

これは清志さんと福田先生と3人で弾くためにアレンジしたもの。
今回は若者とのトリオで楽しみです。
 

◎伝承曲:愛のロマンス (映画:「禁じられた遊び」より)
〜マイヤーズ:カヴァティーナ (映画:「ディア・ハンター」より)

ギターといえば・・・の鉄板名曲ですが、
こちらもトリオで演奏いたします。
ひとりで弾く時よりも、少しゴージャスな、セレブな感じ!?!?
 

◎ビリー・ストレイホーン(ディアンス編):A列車で行こう (映画:「コットン・クラブ」より) 

奏一君のソロ。


◎ポール・マッカートニー(ブローウェル編):フール・オン・ザ・ヒル (映画:「第2次世界大戦」より)

大萩君と奏一君のデュオ。


◎サイモン&ガーファンクル(野平一郎編):スカボローフェア (映画:「卒業」より) 
ブローウェル:11月のある日  (映画:「11月のある日」より)

大萩君のソロ。


◎タレガ:アルハンブラの思い出  (映画:「サイドウェイ」より)

大萩君と僕のデュオ。


◎武満徹:ワルツ  (映画:「他人の顔」より) 

僕のソロ。


◎武満徹:どですかでん  (映画:「どですかでん」より) 

奏一君と僕のデュオ。
僕のパートを奏ちゃんが弾いて、僕は初めて香津美さんのパートを弾きます。


◎武満徹:不良少年/素晴らしき悪女/ホゼー・トレス

締めくくりはまたトリオ。
ホゼー・トレスのトリオ版は今回のためのアレンジですが、
中間部の日の吹くようなインプロコーナーと
前後の緻密なラテン・フュージョン風のアレンジが、
今回はトリオならではの醍醐味を感じさせてくれる演奏になりそうで、
ほんとに楽しみにしています。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どの曲は誰が弾くんだ!?解説 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる