ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天女散花のスコア ノートその2

<<   作成日時 : 2012/10/07 23:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

西村朗先生のギター協奏曲「天女散花」の
オケのスコアを読むと、
こちらがかなり複雑なクロマティック(半音階的)な音楽を
弾いている時に、
思いのほか、存外、意外なほど、
シンプルで美しいオーケストラのハーモニーが鳴っているのです。


これは予想通り、といえば言えなくもないのですが、
自分が開放弦と不協和音の中に、
あくまでもコード進行のようなハーモニーを
聴きながら弾いていたことを
裏付けてくれるようなオーケストラ・パートでした。


管楽器にもかっこいいソロのメロディーがちょいちょいあるし、
途中、弦楽器主体の「宗教的な」パートでは、
息を飲むほどの美しい空間が広がります。


その後のカデンツァとオーケストラとギターのハーモニクスによる
超絶美しいパートについてはまた次回。

正直なところ、
この綺麗な部分はヴィブラフォンの方の音も弾きたかった〜〜〜〜!!!!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天女散花のスコア ノートその2 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる