ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アンサンブルの音色

<<   作成日時 : 2012/10/15 15:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

協奏曲や
大編成のアンサンブルの中で
ギターを弾くとき、
その練習の中で、それぞれのパートを
どのような音色で弾くかということには
細心の注意を払います。


僕はアンチPA派ではなく、
むしろ推奨派ですが、

多くのクラシックの現場で耳にする、
若干生音が増幅された感じの
あるのかないのかわからない「自然な」PAには、
少なからず不信感を持っています。


その理由をここに詳細に述べることはしませんが、
そのようなわけで、
僕は可能な限り生の音で弾いてみて、
必要な時はマイクを使うにしろ
エレアコを使うにしろ、
わりと思い切り音量を上げるPAをしています。

もっとも、
日本のクラシック業界の現場の方たちからは、
あまり「はっきりPA」は評判が芳しくないのですけれどね・・・

そこはあえて無視しています。
あくまで趣味の問題ですから。


で、最初の話に戻りますが、


大編成のアンサンブルで、生音で弾く場合、
どのような楽器が同時になっているかとか、
どのような楽器とフレーズの受け渡しをするか、で、
弾き方や音色の選択が非常に狭められてきます。

すべての楽器でそうなんだろうけど、
ギターはやはり絶対音量が小さいので、
埋没しないために、
その時鳴っていない音波の帯域で弾く必要があるのです。


なので、譜読みの段階から
じっくりスコアを研究してソロのパートを作りこんでいく作業は
とても重要です。

そのような地味な譜読みの末、
アンサンブルの隙間を縫ってギターを響かせていくことが
上手にできたときの、
他の奏者の皆さんとの圧倒的な一体感は、
やみつきになってしまうほどの快感です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンサンブルの音色 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる