ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北の帆船B

<<   作成日時 : 2012/06/12 20:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2004年に「北の帆船」を録音することになり、
何か林先生の映画音楽を一緒に収録したいと思い立ちました。



林先生はたくさんの映画音楽を書かれていますが、
僕が映画の内容とともに強烈に印象づけられていたのは、
新藤兼人監督の作品群。


そのなかで、
フランスでもシャンソンとなってヒットしたという、
「裸の島」のテーマ音楽をギターに編曲することにしました。

「裸の島」というのは、
水の湧かない島の小作人をしている夫婦が、
毎日何十回も本土の地主さんの持ち物である水を汲みに行き、
撒くと瞬時に乾いてしまう大地の厳しさにくじけずに
ひたすら子供たちを育てながら生活するという、
ほとんど台詞のない映画です。


その劇中に流れ続ける
悲しい舟歌のような音楽がメインテーマなのですが、

林先生はこれを後に、
フルートのために華麗なバリエーションを加えた
ピアノ伴奏付きの独奏曲にし、
チェロの独奏のためのパラフレーズにも編んでいます。


僕はこの2バージョンの楽譜をいただいて、
自分なりにギター独奏用を作ったのですが、
「ギターの曲ってこうやって書くんだね」
と、その録音風景を眼にされて先生が
おっしゃっていたのにたいそう恐縮してしまい、
多分、意味不明な返答をしていたと思います。


「裸の島」のギター編は、
ライヴで弾く中で、より効果的に
音を選び抜くかたちで変化してきたのですが、
昨年の秋ごろから、かなり落ち着いてきて、
先日YAMAHAのインストアで弾いた時に
しっかり自分の中で、
「編曲作品」と呼んでも良いような
毎回弾くたびに音の変わらない(!?!?)
バージョンが出来上がったので、
そろそろ、きちんと譜面を浄書しようと思っています。





林光先生には、
「北の帆船」の再演以降、
幾度か作品を初演させていただきました。


荒川くんのフルートと一緒に演奏した
「メメント」
東京混声合唱団の皆さんと初演させていただいた
「ロルカよ、君の名前は歌だ」
そして、映画音楽などのスタジオ・ワーク。
それから、小室等さんと3人のステージ。

このステージの時には

「僕が指揮した不良少年のギター・トリオだけど、
あれ、君ならひとりで弾けるよね??
だって、最初は一本だったのを2本にして、
最後トリオにしたんだから、たしか」

という、たいへんな無茶ぶり(先生、ごめんなさい・・・)
をいただき、武満眞樹さんのご承諾もいただいて
やるにはやったんですけど・・・・・

どうだったんだろう、あれは・・・。


画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「裸の島」のギター編、いつか聴きたいです♪
ちなみに写真はどこの島ですか〜?
真ん中の写真は観音様の寝顔で有名な宮島…ですよね?
あとの二つも知りたいです!!
kobo
2012/06/12 23:12
トリオってそうやって作曲するのか…。
天空仙人
2012/06/13 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
北の帆船B ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる