ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミックに官能を追いつめるという名目の、ただのマニア。。。

<<   作成日時 : 2012/04/11 00:37   >>

トラックバック 0 / コメント 1

昨日も
松尾俊介くんとのリハーサル。

明後日(明日!?)から、
ジャン・フランセとドビュッシーの録音です。

僕もそうですが、
ピアソラ没後20年、
クラシック業界はドビュッシー生誕100年ということで、
すっかり誰も話題にしないけれども
実はジャン・フランセは生誕100年。


ジャン・フランセの生誕100年の今年目指して、
ずっと俊介とのデュオを練習してきました。


一昨年の国立新美術館での「オルセー美術館展」コンサートから
昨年は水戸芸術館、そしてその他折に触れて、
ジャン・フランセの「ディヴェルティスマン」
というデュオの曲を演奏してきました。

今ではお互いがすっかり
手の内をわかり合った状態になっていると思います。


ひとつの、10分たらずの作品を、
3年以上かけて温める、というのも、
クラシック音楽の演奏の醍醐味のひとつですね。


うん、
その意味では、
「タンゴ組曲」は、もっと温めていたのですが・・・・
(「タンゴ組曲」については、そういう思い入れがあるギタリストは多いはず!)


とにかく、今回は、その「ディヴェルティスマン」と、
僕が97年、つまり15年前に録音した二つの独奏曲、
「パッサカイユ」と「セレナード」の再演を録音します。


もう、15年前なのか、「フランセーズ」・・・・。

正直、フランセーズに録音した作品群のほとんどは、
当時、実演では何度も失敗していて、
もう、自分の未熟さにあきれかえるばかりでした。

15年かけて、
その頃思い描いていたものが、
コンスタントに実現できるようになってきたと思います。

振り返るとあっという間ですけど、
15年はかかりすぎかぁ〜〜〜〜〜。


今回は、そのフランセの作品群に、
ドビュッシーの編曲作品と、
関係の深い他の作曲家の小品を録音します。


全体の3分の1をしめるデュオの作品の共演者の俊介は、
パリで勉強していたこともあり、
また、もともと、和声についての関心、あるいは好奇心(!??)が
人一倍強いこともあり、
パートナーとしてはとても心強いです。


今日もリハーサルをしていて、
彼が内声のバランスや響きについてのサジェスチョンをしてくれて、
僕はリズムや、全体の構成、ニュアンスを頑張る、
という感じで、
お互いのマニアぶりがフルに発揮されて楽しい現場となってます。


僕はこういう曲を弾くとき、
留学の終わりで、3~4回パリでレッスンを受けた
福田先生の師匠ナルシス・ボネ先生のことや、
フランス系の作曲家によるセゴビア・レパートリーを
得意としていて、みっちり指導を受けたエリオットのこと、
あるいは、帰国後に伴奏をさせていただいた
ソプラノの生島啓子さんとの演奏会を思い出します。


僕が気にかけるのは、
ニュアンスの変化、そしてリズムの連環性です。
これらは、ぜんぜんしゃべれないけど、
フランス語の発音や作法に密接に関連していると思います。



響きを持続させながら、
リズムを柔軟に操作し、色彩感をつける、
これは、
昔、武満さんの録音をしたときに、
フランスの音楽をお手本として勉強してから、
一時期、特に追求していたことなのですが、
残念ながらその頃は
あまりにテクニックのパレットが貧弱すぎた気がします。。。。


驚かれるかもしれませんが、
今、もし、すこしでもその頃より良い演奏が出来るとしたら、
それは、香津美さんや鬼怒さんとの演奏の経験や、
ピアソラやタンゴを勉強したこと、
あるいは「キネマ楽園」シリーズを録音したこと、
などが、役に立っているのです。
もちろん、すべての経験について言えることではありますが。
不思議ですね・・・・。


それにしても、
今回は微細な音色について、
俊介の助けもかりて、ずいぶん詰めた感じになりました。

もちろん、自分でも持って行きますが、
今日、エンジニアさんにギター3本(!!)預けました。
録音に向けて持って行ってもらうのです。

何がおきるのかな~~~~。。。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
二人で官能の追究ですか…!?
んん…。イメージダウン大きいのは大介さんですよ。

天空仙人
2012/04/11 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミックに官能を追いつめるという名目の、ただのマニア。。。 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる