ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスタルソリステ

<<   作成日時 : 2012/03/23 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ドビュッシーの前奏曲をさらに一曲、編曲しました。

前奏曲集の冒頭の「デルフの舞姫」です。

これは編曲になれてきていたせいか、
たいへんスムーズにギター編になりました。
あっと驚くほどギター向きの音の配置の場所が
かなりありました。

今回の前奏曲の編曲は、
極力ピアノの響きを単純化して
ギターに置き換えられること、
を目標にしました。

したがって、
かなりな簡略化をした部分もありますが、
そのことが音楽的に物足りない感じにならないような、
ギターがもともと持っている倍音の響きを
最大限に生かしているつもりです。

もともとお手本となったのは、
カステルヌオーヴォ=テデスコ編の「ミンストレル」。
これはすごくシンプルな音並びに、
ドビュッシーが思い描いたであろう
機知に富んだ響きの遊びが凝縮されています。

僕も、基本的には
この「ミンストレル」の難易度にとどめることを
目標にしました。



弦メーカーのサバレス社から、
廃盤になっていたクリスタル・ソリステという弦が再発されました。

中学高校、とサバレス張ってたんですけど、
これはその時のやつなのかな???

よくわかりませんが、
いつもフレタに張っていた
オーガスティンのインペリアルより
どすんどすんしないので、
今弾いているフランスものには
ふさわしい気がしました。

メロウなやさしい音が出ます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
進化し続ける大介さん、タッチもギターもスタンスも、どんどん変わっちゃう。
だけど、なぜだか大介さんの指はマリンなんですよね。

南洋的なあの響き。初め日本人じゃない方かと思ってました。(すみません)

12月なのでクリスマス ソングもお願いします。

天空仙人
2012/03/24 00:27
ギターの倍音、大好物です…(^-^)。

フレタでの音が「どすんどすん」だなんて、
今度の弦はどれだけ繊細な柔らかい響きなんでしょう、
いつか聴きに行ける日がきますように、楽しみです。
さばねこ
2012/03/24 01:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスタルソリステ ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる