ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS うちあわせと編曲

<<   作成日時 : 2012/02/28 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

7月6日、みなとみらいでのコンサートの打ち合わせ。

いろいろ超えなければいけないハードルもありますが、
超えなければ見えない景色もあるわけで、
そのことの楽しさを伝えながら
スタッフさんとのコミュニケーションを
計って行くほかありません。


3月4日にギター文化館で弾くドビュッシーの前奏曲は
「亜麻色の髪の乙女」と「遮られたセレナード」。

今回の演奏に向けて
一昨年のオルセー美術館展で演奏した編曲を
もう少し原曲通り、また、よりギターの自然な響きが生かせるよう、
編曲し直しました。

セレナードの方は、
ほとんどファリャが書いたんじゃないか、くらい
自然でギター的な響きになりました。
しかも、これまでより原曲に忠実な形で。

ドビュッシーの前奏曲は
5曲か6曲をまとめて
プログラムに載せられる日が来ると思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
GGアンサンブルに《北上夜曲》をリクエストしました。
もしできるなら東北地方の歌を簡単にアレンジしてください。
震災の被災された方々への応援歌のつもりで…。

関係ないですが、《君が代》をバルカローレ風に弾くとおもしろ〜い
初めから6/8なんじゃないかと思っちゃう。
さて明日は雪]
そしてもう、3月ですね〜。
天空仙人
2012/02/29 01:27
↑《北上夜曲》…すごくいいですね。素敵だと思います。個人的にも、思い出のある曲です。
ada
2012/02/29 08:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
うちあわせと編曲 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる