ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS いずみホールの記事

<<   作成日時 : 2012/01/25 23:49   >>

トラックバック 0 / コメント 5

いずみホールの演奏会の模様を
産経新聞の石井奈緒美さんが記事にしてくださってました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120114-00000120-san-ent


そうですね〜
先頃ニューヨークでも問題になった携帯電話ですが・・・
コンサートの最初ということで
この時はあまり気にしなかったんでした。
マーラーの9番じゃないからな〜
アラン・ギルバートさんも
普通は無視する、って言ってますものね。




現代の音楽の聞き方は、
非常にパーソナルになってきています。
と、同時に、メディアの種類も多すぎて、
基本、時間に追われながらなのですね。

そうすると、
自然に、ヘッドホンで聴くこと、とか、
バーやクラブなどの人が集まる場所で聴く、
ということが増えますので、
必然的に要求されてくるのは、


!!!爆音!!!


です。。。。


ただし、
これが進むと、当然音楽は衰退します。

毎日毎日、化学調味料満載の
ラーメンとカレーを食べ続けるようなものだからです。


正直、嫌いじゃないんですけどね・・・・・


味覚が鈍感になると、
繊細な味の感じ分けが出来なくなり、
食の楽しみはインパクトと満腹感へ依存します。

爆音続きの毎日は、
音楽において、同様の現象を引き起こしてしまう、
可能性、あるいは危険性をはらんでいます。



すべてが襟を正して聴くべき音楽だと、
音楽に大切な、
リラクゼーション、とか、解放のためのツール、
という機能が失われてしまうような気もしますので、
その必要はないと思います。

だから、
これからもガシガシ、エレアコ弾こうと思う(笑)。



だけど、
この日のリサイタルは、
音響が素晴らしいいずみホールだったし、
ランチタイムでギターは初めてだったらしいこともあって、
本物を体験していただきたかったし、
また、それは、
自分自身への挑戦、というか、
そのような繊細な音楽でお客さまに納得していただけないような、
そういう自分ではいけないな、という、
ある種の闘いでもあったのですね。



だから、携帯とか鳴っても、
大勢に影響はないはずだ、と信じていたというか、
もう、そこまでくると、
気にしてる場合じゃない、という、
個人的な都合ですね〜。


いらしてくださった皆さん、
ほんとうにありがとうございました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ギターの音が好きです。
爆音もエレアコも好きですけど、
やっぱり昔ながらの、音量はそんなに出ないけれど
温もりの感じられるギターの音がいっとう好きです。

大介さんの演奏は
楽器がみんな、楽しそうに見えますね。
さばねこ
2012/01/26 00:34
大介さん、ものすごくかっこよく撮られてますね〜!!

ランチタイム コンサートなどでは、あまりギターコンサートに行かない人向けに演奏する、という意味よくわかります。
…けど800席で生演奏はちょっと厳しかったかも。

音楽は形がないので、聞こえない=存在しない わけです。

私には耐えがたいくらい都会生活は爆音に満たされておりますから。

天空仙人
2012/01/26 06:53
胸に沁みる素敵な記事ですね。石井さんが本当にそのように感じられ、伝えたいという熱い想いを持たれたのでしょうね。
きりん
2012/01/26 08:45
携帯、咳き込む音やらざわめきの中、演奏を始められ「大勢には影響ないと信じて」自分との戦いに頑張っていたんですね。今日のブログを読んで、さらにあの時の感動が甦りました。行ってて良かったです。ありがとうございました。
charo
2012/01/26 22:50
わたしもいずみホールでのあの「時間」を共有させていただいた一人です。
携帯音が聞こえたときはドキッとしました。
大介さんどう思っているのかな?って少し心配しました。
広いホールでの生音に一生懸命耳を傾け、
大切に心をこめて演奏なさる姿に、音に、空気に感動しました。ありがとうございました。
あの日、受付で頂いた他のコンサートのたくさんのチラシですが、透明の少しシャキッとしたビニル袋に入っていました。それが、少し動かすだけでシャリシャリと音が出るのがとても気になりました。周りの人も「この音、気になるね。袋に入れなくてもいいんじゃない?」とか言ってましたが同感です。バラバラさせない為の配慮だったのかもしれませんが・・・。
でもいつの間にかそんなことも気にならないくらい演奏に引き込まれていましたけどね。
siroko
2012/01/27 08:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
いずみホールの記事 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる