ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとりタンゴ組曲

<<   作成日時 : 2011/12/20 01:55   >>

トラックバック 0 / コメント 3

来年発売される、
ピアソラ・アルバムのための最後の収録。

ギター・デュオのための「タンゴ組曲」を、
都内の住宅街にある、とても落ち着いたスタジオで
多重録音で収録しました。
つまり、両方のパートを自分で弾きました。

これまで、タンゴ組曲は、

福田先生、荘村清志さん、大萩くん、松尾くん、
徳武さん、奏ちゃん、鬼怒さん、と、

初めて弾いたのが97年くらいですから、
およそ15年の間に、本当にたくさんのギタリストの皆さんと
共演させていただいて、
それぞれに、その時にだけしか起こりえないマジックを
体験させてもらえて、
自分が録音するのには、誰かをパートナーとして選ぶ、というのは、
とてもできないと思ってましたので、
結論、ひとりで両方弾くことに。

お相手によって弾くパートを替えていたのが
今回は役に立ちました。

もちろん、同時には演奏できませんから、
テンポや、間合いの制約は発生しますが、
やってみて思ったのは、ユニゾンのところなどは、
アーティキュレーションというか、ニュアンスがそろうので、
普通の二重奏ではできない感じになりました。

昔のマジンガーZの悪役で、
顔が半分半分、男と女の人がいましたよね?
あんな感じ・・・(笑)
あれ、なんて名前だっけ・・・・
↑しらべました。あしゅら男爵。


ただ、・・・・・ですね・・・・

タンゴ組曲は、3つのタンゴで17分ですから、
一日あれば十分だろうと思っていたんですね。

ところが、です。。。。

それを全部ひとりで弾くって言うことは、
同時には弾けないから、
倍の時間がかかっちゃうんですね。
つまり、35分ぶんくらいの録音を、
一日でしなければならないのです。

知らなかった・・・・・

録音が佳境に入り、
3楽章の一番難しいあたりにさしかかって、
初めてそのことに気づいたので、
「これって・・・17分じゃなくて、倍なんだね・・・」
と言うと、
スタッフ全員が
「へ???気づいてなかったの・・・・?」
と、あきれ笑いしていました。。。。。


ほんとに驚いた。。。。


さてさて、そんな珍道中の録音もなんとか終わり、
23日には、早速大萩くんとのタンゴ組曲もあり、
これからも、たくさん回数を弾いていきたいですね。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ど〜して、タンゴでマジンガーZが…。

豪華共演者に鍛えられたタンゴが
どんなにアグレッシブなんだか
聞くのが楽しみです。
さばねこ
2011/12/20 07:34
やっぱり大介さん凄いッ!
多重録音のマジック…
めちゃめちゃ楽しみデス
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ラグリマ
2011/12/20 09:15
ほんとだ。倍かかりますね。。。 無事終わって何よりです。お疲れ様でした
soichi
2011/12/20 12:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひとりタンゴ組曲 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる