ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 透明な球体

<<   作成日時 : 2010/11/24 18:51   >>

トラックバック 0 / コメント 7

いろいろな光り方。


いのちという透明な球体は
成長という空気に触れて
いろいろなものを纏い転がってゆきます。

ふわふわの羽毛であたためられても、
割れてしまうほどに傷つくこともあるし、
でこぼこの岩山から放り投げられても、
強く磨かれ輝いてゆくこともあります。

それぞれの球体が、
それぞれ違った時間を経て、
美しく強い姿や、
歪んだ、傷ついた部分を作り、
またそれを、
社会と経験というほこりで覆い隠して、
転がり続けてゆくのだと思います。

ですからひとつの球体には、
角度によって見え隠れする
様々な表情があるのだと思います。

たとえ、
強い信念があろうとも、
ひとつひとつのの玉は
相互に犯されるべきものではなく、
作為的に傷つけられてよいものではありません。

そうでなくても、
世界では、
美しく光り輝く魂を宿した
多くのいのちの球体が、
ちょっとしためぐりあわせだけで
つらい目に遭い、
苦しい想いをし、
葬り去られてゆくのです。

このひとつの魂のもつ、
優しさや、強さや、かわいらしさや
その姿をとどめる匂いまでもが、
永遠に消し去られてしまうというのは、
なんと酷いことなのでしょう。


ばらばらにくだけ散ってしまった玉の中には、
かつて見えていた光はもう存在しません。
でも、そこにないからと言って、
誰も、その光が存在していたことを否定しません。


多くの球体が、
喜んでくるくると回る様を
奏でてみたいです。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
大介さんのブログは以前から哲学的だと感じていました。
繊細で優しいまなざし。冷静で鋭い分析。磨かれた美しい表現。
ひとつの事象のみならず、もっと大きく深いテーマが胸に響いてきます。
大介さんのギターの音もそれらを内包しているよう
に感じます。
リオハ
2010/11/24 20:10

球体のあたたかく悲しい光とともに
多面体の力強いきらめきを感じました。

この想いのきっかけは何ですか?
ラグリマ大好き
2010/11/24 21:28
大介さんの思う「たまゆら」なのかな
と想像したり。。。
m
2010/11/24 22:22
何度読んでも涙が溢れる。 思いを言葉にしようとしても文章になりそうにならないからやめる。 11月は辛いです。ハハハ。兄貴の精一杯の No more・・・に。やっぱり文章にならないです。兄貴、ありがとう。 とてもうれしい夜です。
ふらの
2010/11/25 01:07
きっかけ・・・など、
キリがないほどですよね。
愚問でした^^;
ただ、どうしたらこんな風に
考えをまとめ言葉にできるのかと思って。
美しくて、明確で
やさしくて、あたたかくて
力強くまっすぐに心に届きます。
本当に大介さんの音楽のようですね^^

これまでもずっと、様々な場面で
数々の悲しみや儚さを受け止め
それらを希望の光に変えようと
心砕いてこられたのだろう…と
(ブログや作品のライナーを通して)
感じていたのですが
その大介さんの想いや願いは
深く強く数え切れないほどなのだろうと
あらためて思いました。

私は、最近ずっと
心にモヤモヤが広がっていて
自分の不甲斐なさのようなものを感じ
迷路から抜け出せずにいましたが、
大介さんの 真の幸福を願う深く大きな愛に
溜まっていた涙が一気に溢れ…
かなりスッキリしました^^v
希望の光を見つけられた感じがしています。
大介さんありがとうございます^^

ふらのさんの「心の声」のような
飾り気のないまっすぐな想いにも
癒され 勇気をいただきました^^

長々とすみませんでした(><)!!
とてもうれしくて。。。
ラグリマ大好き
2010/11/25 22:39
「多くの球体が、喜んでくるくる回る様」で頭に浮かんだのは、演奏会を聴きに行くときの期待に満ちた私達の心の様子です。
まさに、そんな感じだと思います。
きりん@携帯
2010/11/27 00:12
売られた喧嘩は絶対買うべきではないとおもいます。

こういう時、荒んだ心を丸くする芸術や、音楽が必要なんだと思います。
人類は皆兄弟
2010/11/27 02:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
透明な球体 ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる