ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉たらず

<<   作成日時 : 2010/09/20 03:37   >>

トラックバック 0 / コメント 7

そうですか・・・


さっきのブログに、
「僕のは問題作」みたいに書いたら、
「心が弱ってるんですか?」系のメールを
いただいてしまいました。
ご心配、ありがとうございます・・・・。


今回の3曲は、
作曲としては、とっても充実してできたんです。
僕の書き方が悪かったです。ごめんなさい。


まず、鬼怒さんと一緒にリハーサルするために、
一曲、すごく速いテンポの曲を考えていたんですね。

正直、モーツァルト協会に気持ちを支配されてしまって、
書くことができずにいたのですが、
頭のなかにはっきりとした姿はあったんです。


それが、A Desert Current。
日本語のタイトルは「流砂」にしようと思ってます。

鬼怒さんも、はもりとかを考えてくださって、
とてもアグレッシヴなナンバーになりました。

でもね、演奏が、すごく難しいの・・・・



もうひとつは、Turquoise Steps。

これは、ターコイズ色のハイ・ヒールを履いてた友達がいて、
そのサイズとか、色合いとかが、靴そのものとして
彫像のようにあまりに美しかったのです。
(つ、つまり、履いていない時に、という・・・あしからず。。。)
多分、彼女の足のサイズがよかったのだと思うんだけど、
ターコイズのヒールが、
まるで程よく刈られた芝生に彩られるイングリッシュ・ガーデンに、
お父さんが渾身の思いで購入してきたオブジェのように、
調和したフィギュアとして、そこにあったんですね。


調和した、フィギュア、ということを、
ものすごく一生懸命説明すると、
僕は何故か、「モーツァルト」と「アイドル」に
行き着いてしまうのです。
「アイドル」というのは、2次元の中でしか会えない、
極めて理想化された偶像。
俳優さんでも、モデルさんでも、いいのだけれど。


そんな世界に熱い想いを投じている人もたくさんいるこの世の中に、
僕のような、原始人並みに、体温でしか物事を計れない人間がいて、
そのこと自体が、
絶滅していく恐竜を見るかのように自分を哀れむ要因ではあるのですが、
それとは別に、先日のモーツァルト体験を通じてなのか、
あるいは、これまでの集積なのか、
人が魅了される「調和している偶像」というのは、
おそらく、モーツァルトの時代、あるいはもっと以前から
世界に存在していた憧れなのだ、と思ったんです。

で、そう言う曲を書いたんだけど、
弾く前の、僕の説明が言葉たらずで、
お客さんたちを困惑させてしまったかも・・・・


これまで、まったくそういうことに疎かった僕が、
はじめて、「偶像への憧れ」の意味を、
幸福なものとして理解した、
その思いが詰まった曲、ということで、
暖かく、見守っていただければ幸いです。


で、もうひとつ、
The Night Fountain

これは、
実は小編成のオーケストラの曲を書く予定があるのです。。


美しい第2楽章を書きたい。

それで、
自分の心の底の、
根源的な部分にあるようなメロディーを
ずっと探し続けていたのです。

少しずつ、少しずつ、
断片を集め、
2週間前くらいから、
形になり始めていたメロディーがあって、
それを、エスキス(習作)のつもりで
鬼怒さんとの曲にしてみたのです。

これは、自分で言うべきではないのかもしれませんが、
ストレートに美しいので、
これから発展させていくだけの価値あるものであることは、
今日の演奏でよく理解できました。

最初は、「バオバブの(に眠る)嬰児」
みたいなタイトルにしたかった。。
バオバブの木は、
「星の王子さま」では悪者ですが、
ほんとうは、幹の内に水をたたえ、
乾燥地帯を潤す、神秘の樹木。


僕がほんとうに癒されている、
心の中の貯水池があるんですね。
疲れたときは、その中に浮かんで、
じっと胎児のように眠り続ける。
僕の内側の、誰にも知られない場所なんだけど、
その平穏を、音楽にしたかったのです。
でも、ひとりだから、
少し孤独な、悲しさもある・・・・

そんな曲。


僕だけかもしれないけど、
曲を書くときって、
「おいおい、大丈夫!?」っていうくらい
クレイジーな想念に頭脳が支配されたりするんですね。

楽器を練習してるときもあるにはあるけど
少なくとも楽器には、
身体的なカタルシスがありますから。


これから、
スコアの書き方、あらためて修行しなおします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい世界をお持ちですね♪

ターコイズのヒールにそこまでイってしまうのは、
密教的感受性…、いや薬物による官能世界への探訪…かな。
映画音楽専門ギタリスト☆と称された大介さん、

今度映画化される村上春樹さんの小説から奇想曲なども書いて欲しいですっ!

耳専門のモデルとか
ネズミ男とか
しゃべりすぎる女とか

ね…書きたくなってきましたでしょ?
もちろんギター曲でお願いします。

天空仙人
2010/09/20 18:43
ライヴ聴いていないくせに…ですが、
大介さん得意のおちゃめとおちゃらけで
うらはらの部分を表現されたのだと思っていました^^

何かを表現したり伝えたり…
言葉でも、音楽でも、
受ける人によって感じ方がそれぞれなので
時には予想外の反応もありますね。
言葉が足りなくても、足りていても。

大介さんの想いの深さを知って
ますます大介さんの新作
聴きたくなりました^^♪
これからの発展もたのしみです♪♪♪

ちなみにわたしも心の中に
“大介さんの貯水池”みたいなのあります^^
音楽にはできないけど...^^;
ラグリマ大好き
2010/09/20 23:08
私の乏しい想像力では漠然としかわからないことが多かったのですが、、、
そこまで、ご自分をさらけ出されて、いいのかな?ってなんだか凄く感じてしまいました。(なんか誰かに対して赤裸々な告白をされているのを偶然目撃しちゃった感じ・・・)でも、そういう、鈴木大介さんの性格、私は本当に大好きです。
バオバブの木にも、やられました・・・私の絶対見てみたい樹だから。

しかし、ターコイズ色のハイヒールって・・・気になるなあ。靴好きでも観たことないかも。サイズは22-23って勝手に想像しています。

(最後まで勝手なコメントで失礼いたしました<(_ _)>)
ハプ
2010/09/21 20:17
今回も...
大介さんの文章に心打たれ
何度も何度も読み返して...
また泣き虫になっちゃいました^^;

同時に!!
鬼怒さんとの音楽を聴いているような
おしゃれな感動がやってきました(>v<)!!
大大大好きなMirror On The Streetを
聴いているみたいな...^^♪

そして、ことばの響きもおしゃれです!
ターコイズとか、Turquoise Stepsとか
イングリッシュガーデンとか、オブジェとか
フィギュアとか、原始人とか、偶像とか...
バオバブとか、カタルシスとか...^^!!!

で、また泣けました(TvT)!!
こころの中に、
明日に向かうあかりが灯った感じ^^
今宵はいよいよお月さまが美しいです^^

私の心の中の貯水池って...
月の灯なんです^^
私だけの世界ですけど^^;

大介さん、いつも
心を尽くして言葉を尽くして
大切なことを伝えてくださって
ありがとうございます。
ラグリマ大好き
2010/09/21 23:08
兄貴が語る。私の世界ではボーっとするといいます。 これって大切な動作のひとつですよ。 兄貴、少しは体調回復したのかなぁ!? 自分自身は気候がかなり涼しくなり、少し疲れが出てきています。が、気のせい気のせいと老体に鞭を入れています。(けっして私はMでは‥どちらかと云うと‥‥あっ!何を言わせるんです!? 因みにガリガリ君TシャツはXLです) 戸越銀座をネットで見ました。ラグリマ大好き君!東京での集まりは、兄貴の案内で、ここにしましょう。 静岡コーラ飲〜みたいなー!
ふらの
2010/09/21 23:26
あぁ、やっぱりふらのさんオモシロイー!そんでもってあったかいーー!!そうですネ^^ やっぱり、大介兄貴も、ふらのさんも、みんなも元気が一番でS!!
戸越銀座、賛成〜^^!!!
ラグリマ大好き
2010/09/21 23:59
ターコイズ色のハイ・ヒールも気になるけど!?(笑)、美しい第2楽章が聴きたいデス。
きりん@携帯
2010/09/22 07:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉たらず ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる