ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS どこから来たの?

<<   作成日時 : 2009/12/14 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 2

荘村さんとリハーサル。

清志さん、僕のギター見てびっくりしていました。

清志さんのフレタは、
清志さんが留学される前に注文してあって、
64年のクリスマスの頃に、
出来上がったから、という連絡が来て
とりにいった物だそうです。

その後2年くらい弾いていたけれど、
張力も強いし、
若かった清志さんには、
他の人が使っていたラミレスとかベルナベとか、
そういう華やかで艶やかな音色が
魅力に思えて、すぐに持ち替えてしまったそうです。

その後、
清志さんのお父様が、
趣味でそのフレタを弾かれていたのですが、
それを近年、お父様の遺品のなかに発見して、
手に取ってみたら、
年を経て、ギターがまるくなったのか、
いや、清志さんの感性が、
渋さや深みのある、それでいて大人の色気が感じられる音へと
向かうようになったためなのか、
とても良い音に思えて、使うことにしたんだそう。

親から子へ弾き次がれるギター、って、
いいなぁ。素敵ですね。


僕には
生まれもったものは少ないけれど、
そのかわり、人一倍幸福な
出会いやめぐりあいが
いつも身のまわりに訪れます。

師匠や友人だけでなく、
楽器や、製作家さんとの出会いもそうです。

人にも楽器にも、
それぞれがくぐり抜けて来たストーリーがあって、
それらがどうあれ、
今、幸せな出会いがあるのだとしたら、
そこに至るストーリーはすべて祝福されるべきものなんだろうな、
と思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
賛成。。。^^!

素敵なお話が聞けて…
しあわせな夢が見れそうです^^☆
ラグリマ大好き
2009/12/14 23:27
その祝福されましたお二人のフレタのコンサートに伺える至福を感謝とともに。 
茅のじ の F
2009/12/15 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこから来たの? ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる