ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 迎えにいった

<<   作成日時 : 2009/12/11 20:10   >>

トラックバック 0 / コメント 4

朝到着。

空港から荷物を置きに帰ると、
着替えもせずにそのまま家を出て、
フレタのもとへ。

2000年以来、今井さんの楽器を
ずっと使い続けて来て
その前は91年のケヴィン・アラムと
杉のギルバートという、
比較的最近の楽器でしたので、
僕にしてみたら
「武満徹ギター作品集成」を録音した頃に使っていた
68年のフレドリッシュ以来の
自分より年上の楽器です。

おいおい、コンサートなどでご紹介できると思いますが、
今回、新たに家に来てくれたのは
1964年製の、フレタT世。

いつもデュオでお世話になっている、
荘村さんのフレタとほぼ同時期の、
作品番号が8番若いフレタです。


日頃、
ヴィンテージを使わなかった僕ですが、
もった瞬間に、何かを感じました。
一週間後行ってみると、
また新たな可能性が見えて・・・

その時にブログに載せたんです。

表面板は薄く、面積が大きめ、
ボディは厚くなく、
ネックは幅が狭くて丸めで太め。
僕の好みにぴったりなサイズです。

音は・・・・・・・


ちょっと言葉では説明できません。。



今まで通り
今井さんのギターと両方使っていく予定です、が、
しばらくの間は、
このフレタと離れたくないなぁ〜〜。。。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ついに大介さんのもとへ…!!
オメデトウございます^^♪

今ごろも
いろんなアプローチをしながら
喜びを噛みしめてるのかなぁ〜^^

きっとさまざまなこと…
タイミングや目に見えない要素が
どこかでぴったり合致して、
引き合わせられるように
出会うべくして出会われたのでしょうね〜^^

まちがいなく
大介さんとの相性もぴったりデスね!

言葉で言い尽くせないような音色
聴かせていただくのがたのしみです^^♪
ラグリマ大好き
2009/12/11 23:11
謹んで 拝聴させていただきとうございます。 m(_)m
茅のじ の F
2009/12/11 23:18
荘村さん、最近の福田師匠、奏ちゃん、そして大ちゃん、みんなフレタになっちゃった。
フレタン
2009/12/12 00:58
相性ぴったりなんですね
りこ
2009/12/12 10:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
迎えにいった ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる